猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 北日本フィギュアスケート競技大会 ]
2009-03-29(Sun) 23:12:18
20090329-1 20090329-2

盛岡市アイスアリーナまで、北日本フィギュアスケート競技大会を観に行ってきました。
3月末は家にいて、新しいテレビで世界選手権を観てすごすはずだったのに、羽生結弦選手が北日本の大会に出場するというので、迷いに迷った末に、行くことにしました。
今までフィギュアの試合もショーも観に行ったことなんてなかったド素人の私。
このようなわたくしが、ローカルな大会に行っていいのかいなと思ったけれど、今の羽生くんは今しか観れないのよ!と思って、行ってしまいました。

羽生選手は、今回はシニアで出場。SP、FS、ともに1位で優勝でした。(得点は右上の画像をクリック)
ショート、フリーとも、綺麗にトリプルアクセルを決めてましたよ!
ショートはノーミスでは無かったけれど、キレがあって、さすがって感じでした。
フリーは、今シーズン一番良い出来だったのではないでしょうか。(って、私は今までのはテレビ、動画でしか観てないんですが)
最初の3Aに始まって、ジャンプはすべて綺麗に着氷していたように見えました。3回転-3回転は入らなかったけれど、特にミスもなく、シニアのプログラムで時間も長いのに、疲れもみせずしっかり滑りきりました。
終わったあと、羽生くんも笑顔で、ガッツポーズも出ました。
美しくて素晴らしいパガニーニをどうもありがとう!
盛岡まで観に行って本当に良かったです。


***

ところでところで、今回、一人で観戦に出かけたわけですが、会場でたまたま近くの席に座っていた方が、私に話しかけてくれまして、お互い羽生くんのファンだということがわかりました。
更に、話をしていたら、その方は私がちょくちょく訪れていたスケートブログの方だということが判明したのです。すごい偶然っていうか、必然っていうか。
その方からパワーをもらって、演技終了後、羽生くんにサインをしていただいて、更に写真も撮らせていただきました!嬉しい!!
私ひとりだったら、なかなか話しかける勇気が出なかったと思います。ありがとうございました。
羽生くんは、爽やかで礼儀正しく丁寧でしっかりしてました。私が14歳の頃は、全然こんなふうじゃなかったなぁ。
ああ、そして羽生くんはやっぱり格好良かったです。もう私は今日、テンション高いんで、どんどん書きますよ(笑)
繰り返しますけど、盛岡まで行って、ほんっとうに良かったです。
これからもずっと応援します!
スポンサーサイト
フィギュアスケート | TB:× | CM : 6
  [ 盛岡にて ]
2009-03-28(Sat) 23:58:55
携帯からこんばんは。
ブログ放置気味なので、ここいらで近況を一言。

今日は盛岡に来ています。
しばらく遠出しないつもりだったのにー。
最近、お金使いすぎなのにー。
年度末で慌ただしいのにー。
ちなみにライブではなくて、スケートのために来てます。
なんなのだろう、私を突き動かすこの情熱(笑)


とりあえず今日はこれにて。
日々のこと | TB:× | CM : 4
  [ 猫のたまり場 ]
2009-03-22(Sun) 20:25:37
20090322-1

たまたま通りすがりに見つけて、寄ってみたカフェ。


20090322-2

駐車場で猫発見!
のびのび~。


20090322-4

ごろん~。
あなた、そんなに油断しちゃっていいんですかにゃ。
人に慣れてるみたいで、撫でてもOKでした。


20090322-5

一匹だけかと思ったら、枯草の中から、二匹、三匹…と猫が現われて猫天国状態。
黒猫が二匹、寄り添って昼寝中だったんだけど、私が近づいたら警戒して起き上がってしまいました。
ごめんごめん。邪魔して悪かったよ。


20090322-6

依然として、余裕で寝転んでいるリラックスさんもいますが。


予想外の所で、猫スポットに遭遇してうれしかった。



20090322-7

ちなみに、クルミとメイプルのパフェ。
凄いクリーム、凄いボリューム、でした…。
しばらく甘いものは要らない、と思ったよ。
| TB:× | CM : 12
  [ にゃー。 ]
2009-03-15(Sun) 22:06:41
20090315

現在、なんだか、「ブログ書けない病」にかかっていて、全然更新できないので、代わりに猫に出てきてもらいました。
健太郎、11歳。うし年。年男ですにゃ。
春から6年生です(違う)
人間の年で考えれば、ケンももう、年金もらえそうな年齢になってきたけど(掛けてにゃいでしょ)、顔は若いわねぇ。

更新は、ゆっくりめになると思います。
| TB:× | CM : 10
  [ 散歩~朝倉彫塑館 その他 ]
2009-03-08(Sun) 21:53:31
20090308-2

2月28日(土)、ライブの前に東京散歩してました。
以前から友達にすすめられていて、気になっていたんだけれど、なかなか行けなかった谷中の朝倉彫塑館に行ってきました。

明治の終わりから昭和初期に彫刻家として活躍した朝倉文夫の住居兼アトリエを美術館にしたものです。
モダンな洋風のアトリエ部分と、趣きのある日本家屋部分が繋がっているという大変魅力的な建物なのですが、現在、木造部分が耐震の関係で立ち入り禁止になっています。
だから今まで行くのを後回しにしていたっていうのもあったのですが。
今回行ってみたら、4月から平成25年(すごい先の話!)まで、修復工事で休館するとのこと。
そうだったんだ。じゃあ今、行っておいてよかったな。

木造部分の建物は見られなかったけれど、天然湧水を利用している日本庭園の中庭など良かったですよ。
猫好きだった朝倉さんは猫の彫刻もたくさん作られていて、猫作品だけを集めたフロアもあって面白かったです。

20090308-3

屋上庭園もあって楽しいです。
しかし、季節が季節なので、ちょっと荒涼としてました。
水仙だけが咲いていました。



20090308-9 20090308-4

彫塑館のあと、谷中を少しだけぶらぶらと歩きました。
谷中に行ったら、猫に会えるかと思ったけれど、今回、全然会えませんでした。(去年、夏に来た時はいた)
犬は結構見かけたな。
梅が咲いていたのがちょっとうれしかったです。
水仙は、朝倉彫塑館の水仙です。



20090308-6

駅に向かって歩いていたら、視界の隅に遊歩道を発見。
そこに遊歩道があると、ついつい歩きたくなりませんか。私はなります。


20090308-7

小さな公園かと思ったら、地形が高くなっていて、思ったより高低差があり、歩いていて楽しかったです。
社や滝まであったりして、結構充実。
階段を昇ったり降りたりしてざっと一周(すぐ回れる)したのですが、階段を降りていたら、下の方から3歳くらいの子供が、「探検しよう!」と言いながら張り切って昇って来て、「おう、探検してくれ!」と声を掛けてやりたくなりました。(掛けませんでしたが)


20090308-8

池の中央で、カメが集団で甲羅干し中。
最初、オブジェかと思ったけれど、本物でした。



20090308-10

このあと、表参道に行ったんですが、人が多くて疲れてしまいました。
表参道を歩いていたら、犬・猫のトピアリー展をやっていたのが目に留まったので、ちょっと覘いてみました。ファンシーな感じ。
トピアリーでこんなふうにできるんですねー。


散歩・お出かけ | TB:× | CM : 4
  [ 夜明け ]
2009-03-04(Wed) 22:59:06
20090304-1

カフェミモの時期、空港へ行くために早朝の電車に乗りますと、ちょうど日の出の時間とぶつかるのです。
太陽が昇るのを見るのがちょっとした楽しみなのですが、天気が悪いとダメ。
水面から太陽が顔を出して来ました。雲よ、晴れて!



20090304-2

もうちょっと晴れてー!



20090304-4

だんだん見えてきましたね。よしよし。
海も穏やかで、よろしい。
太陽が三つに見えるのは気にしない。



20090304-5

一日が始まりますよー。
こんな感じで東京へ向かいました。


たまに見るから、私にとってはスペシャルな感じだけど、海辺に住んでいる人は、毎日こんなのを見ているわけです。
これが日常なのもすごいなぁと思うのでした。何か価値観が変わりそう。
散歩・お出かけ | TB:× | CM : 6
  [ 遊佐未森 「cafe mimo」 girl's only ]
2009-03-02(Mon) 19:25:04
2月28日(土)、遊佐未森 「cafe mimo ~桃節句茶会 vol.9~」女性限定公演に行ってきました。
会場は浜離宮朝日ホール(小ホール)。

会場に行ったら、未森さんがイメージモデルになっている「うどんや風一夜薬本舗」の「しょうが湯」の試飲サービス+しょうが飴のサンプルのプレゼントをやってました。
なんとなくお得な気持ちになって、喜々としてしょうが湯の紙コップをいただきました。
しかし、この時、私はすっかり忘れていたのです。自分が猫舌で、辛いものが苦手だったということを!
いやー、うどんやさんのしょうが湯、とっても熱々で、舌にまとわりつくようなとろみがあって、すりおろした生姜がたっぷり入ってピリリとしていて、非常~に効き目がありそうな味わいでしたけど、私は涙目になりそうでした。
飲んでる最中、良薬は口に苦し…という言葉がぐるぐると頭の中を回ってましたよ。
しょうが湯効果で、すごーく身体はポカポカになりましたけれどね。
ライブ始まる前から、あったまってしまいました。

さて、カフェミモ。私は14日の草月ホールに続き今年2度目のカフェミモでした。
今回は、ガールズオンリーの日だったので、当たり前だけど、女子校のように女の子ばっかり。
未森さんも「なんか気楽ですよね~」と言ってました。今日は久しぶりに露出の多い衣装だとか。ノースリーブの真紅のワンピースで、襟ぐりとスカートの裾にフリル有り。髪に薄いピンク系(?)の大きな花の髪飾り。ラメの入った紫のタイツでした。(噂によると、15日もこの衣装だったかも?)

今回のライブ、未森さんの歌声もよく通っていて、音がすんなり身体に溶け込んでくるようで良かったです。
一曲目「ハモニカ」の中の 「ねぇ 灯りがともるように いろんな歌 想いだしてゆけばいいね」 というフレーズが胸に響く感じです。

私は「ユングフラウ」が好きなのですが、この曲で一気に花が咲いたような空気になってよかったです。あと、「一粒の予感」も春を呼ぶ感じでやっぱり好き。

赤のワンピースで、ジャジーな「冬の日のW.」を歌う未森さんは、大人の歌姫な雰囲気を醸し出してました。でも、間奏のスキャットはかわいらしんだよね。

「Dancing Queen」では、やっぱり会場が沸きました。アコギ一本でやってるのに大盛り上がり。楠さんの振り付けも弾けてて最高。これがバンマスのメインの仕事だとか(笑)

ゲストの鈴木重子さんは、孔雀を思い出させるような模様のオリエンタルな民族衣装で登場。
浮世離れした不思議テイストの漂う方で、ランプの中から出てきたお茶目な精霊というか、雲に乗ってやってきた仙人というか、そんな印象でした。
鈴木重子さんの歌声は、森に柔らかく降る雨や、そこに満ちる空気の質感が伝わってくるような感じで、歌った曲のせいもあるんだろうけど、やっぱり精霊っぽいなぁというイメージが。柔らかいんだけど、ワイルドな感じもして不思議です、重子さん。
未森さんとのトークも、ゆるさの中に、ほのぼのとした可笑しみがあって、笑わせてもらいました。

アンコールで二人が一緒に歌った「銀座カンカン娘」は、銀座の街を堂々と闊歩する個性的でチャーミングな女の子二人の姿が見えるようで、楽しかったです。
まさに「ままよ銀座は私のジャングル 虎や狼 怖くはないのよ」って感じでした。
重子さんが間違えて「トラやライオン」って歌っちゃったんですけど、銀座といえば三越のライオンを思い出してしまうので、つい「ライオン」と口に出てしまったそうです。

最後が「ベージュ」だったんですけど、重子さんと一緒に歌うと、曲にまた深みがでるような感じでよかったです。記憶がいろいろとめぐって行きそうになりました。

月に二回の東京行きは、体力的にキツいなぁ~と、反省気味だったんですけど、行ったらやっぱり良かったと思えるカフェミモでした。
会場の空気も柔らかい感じで、やっぱり女子の日はいいですね。ガールでよかった。

ライブ終了後、座席から立ちあがったら、妙に身体がふわふわとしていて、歩きだしてもふわふわする。なんだろう??と思ったんですけど、もしかして、しょうが湯効果だったのかも。おそるべし、しょうが湯。


セットリスト ↓
 More...
音楽 | TB:× | CM : 8

copyright © 2009 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。