猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 日食 ]
2009-07-22(Wed) 23:33:06
今日は皆既日食の日。
晴れていたならこちらでも部分日食が見れたはず。
でも、朝からどんよりと曇っていて、太陽がどこにあるかもよくわからない状態だったので、最初からあきらめてました。

しかし、お昼にテレビは観た。
知らなかった。太陽が隠れると本当に暗くなってしまうんだ。
ダイヤモンドリング。本当に指輪のようなんだ。

あの、指輪のように光を放つ輝きを見ていたら、昼ご飯を食べてる最中だっていうのに、突然涙ぐみそうになってしまいました。
どうも突然、目にくる時があってびっくりします。

これを直接見ることができた人は幸せだなぁ。


次は26年後ですか。うーん、何をしているかわからないなぁ。生きていればいいけれど。
あと、2012年に金環食がありますね。昔、ドリカムが歌ってたので、それは覚えているのです。太陽のリングで、この曲を思い出しました。「時間旅行」。懐かし。
スポンサーサイト
日々のこと | TB:× | CM : 12
  [ ゆずのムース ]
2009-07-20(Mon) 10:14:06
20090720

昨日食べたケーキ。上に乗っているニコニコ顔がかわいい。
上段はゆずのムース、下段は抹茶のスポンジに豆入り…という二段構造で、夏の爽やかさと秋のしっとりが入り混じって、謎のハーモニーを奏でていました。
ゆずならゆずのムースだけで良かったような気が…。
でもこのを見ていたら、まぁいいか、と思いました。和みます。
日々のこと | TB:× | CM : 10
  [ 「さらば、わが愛 覇王別姫」 ]
2009-07-18(Sat) 17:38:20
さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]
「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993年 香港 チェン・カイコー監督)
DVDのジャケットだけみると、なんか凄い濃そう…(笑)

ちょっと前にBSで放送していて、録画したまま観ていなかった映画、「さらば、わが愛 覇王別姫」を観ました。
1924年から1977年くらいまでの激動の時代の北京が舞台で、二人の京劇俳優の愛憎を描いています。

簡単なあらすじ: 小さい頃に京劇の養成所に置いて行かれた蝶衣(レスリー・チャン)は、厳しい稽古生活を経て、人気の女形になる。蝶衣は、劇「覇王別姫」の相手役であり、子供のころから自分をかばってくれた兄弟子の小樓(チャン・フォンイー)を愛するようになるが、小樓は娼婦(コン・リー)と結婚してしまう。


養成所の稽古の厳しさに驚き(もう虐待状態)、京劇の豪華絢爛な美しさに魅せられ、激しすぎる時代のうねりと、もっと激しい感情のうねりに翻弄され…と、観ていて圧倒される映画でした。
時代背景に、日中戦争や文化大革命がありますが、映画や小説で文化大革命の話が出てくると、私はいつも気が滅入るので、今回も後半は覚悟して観てました。

この映画では、蝶衣を演じるレスリー・チャンがとにかく美しくてびっくりしました。
本当に女の人のようで、女の人より美しい。女形ってそういうものかもしれないけど。
恋敵のコン・リーよりも綺麗だと思ってしまったくらい。
京劇の濃い化粧をして、煌めく衣装を着れば誰でもあんな佳人になれるのかといえば、そうではないと思うのです。
この妖艶さ、可憐さ、凄いなと思いました。

3時間くらいある映画なので、観る前はちょっと長いなぁと思ったのですが、観始めたらあっという間でした。
映画・ドラマ | TB:× | CM : 4
  [ ナツメロ「スケート野郎」 ]
2009-07-14(Tue) 21:18:24
このブログはその時、その時の気分で書いてますので、話題に統一性が無いよなぁ、とよく思うのですが、今日はますますわからなくなりました。
でもカテゴリーは音楽なのです。

先日、弟が、♪「スピード フィギュア アイスホッケー ラララ スイスイスイスイ ゴーゴーゴーゴー ヤング ヤング スケータ~~」♪ とか、よくわからない妙な歌を口ずさんでいたので、「何それ?」って聞いたら、「知らないの!? 『スケート野郎』っていう昔の歌だよ。めちゃくちゃ可笑しいよ。『オレたちゃ紳士だ 手袋してる~』とか歌ってるんだよ」とのこと。
えー、そんなの初めて聞いたよ。だいたいいつの時代の歌なのだ。グループサウンズ? 君も私も生まれる前の曲ではないのかい。なんでそんな曲を知っているんだい。

ともあれ、フィギュア好きの私。「オレたち紳士だ 手袋してる」という歌詞が妙にツボだったので、ちょっと検索してみたら、ありました。

お時間のある方は、この曲をお聴きください。 → ザ・ジャイアンツ 「スケート野郎」

ああ~、もう、倒れそう。イントロの「レッツ・ゴー・スケーティング!」から力抜けまくりです。
すごい破壊力。ツッコミどころ満載の歌詞。このバカバカしさ、好きだなぁ。
「雪山おろしに 炎のスピン」ってなに。 「世界の娘さん さらって滑る」ってなんなの。
オリンピックのテーマ曲にしてほしいくらい衝撃的でした。

一人でウケまくって、衝動的にブログに書いちゃいましたけど、もしかして、この曲は有名なんでしょうか。
もしや世界の常識で、知らなかったのは私だけ?(少なくとも弟は知っていた) だったら、すみません。

作詞は佐伯孝夫さんらしいです。なんか聞いたことある名前…?と思ったら、「銀座カンカン娘」や「夜来香」の人でした。
wikiで調べたら、「野球小僧」や「恋のメキシカン・ロック」なども佐伯さんらしい。なんだかわかるような気が…。

この歌、しばらく頭の中を回りそうで怖いです。
音楽 | TB:× | CM : 6
  [ ローズガーデン ]
2009-07-12(Sun) 09:45:34
バラの咲く季節になりました。
花壇が一気に華やかになりました。
バラにもいろんな人が(人じゃないけど)いるものです。

20090711-5

いかにもバラって感じの美人さん。


20090711-2

黄色はやっぱり明るいイメージが。


20090711-3

ツルバラ。淡い色でかわいらしい。

ツルバラは、去年の母の日にプレゼントした鉢植えを、母が花壇に植えかえたんですが、今年はものすごく元気に咲きまくっているようです。
花は可憐だけど、結構わさわさ伸びて陣地を拡大中。蔓ってそういうものかもしれないけど、なかなかやるわね、と思いました。

バラつながりで、矢野顕子さんの「ROSE GARDEN」を聴きたくなって、ライブのを探してみました。 → 
ピアノ、めちゃくちゃ格好良い!


20090711-4

おまけ。バラじゃないけど、なんか不思議な花が花壇にあったので。
なんていう名前なんだろう。
日々のこと | TB:× | CM : 4
  [ 強気で。 ]
2009-07-10(Fri) 23:10:07
気分転換に、スケートの話。

羽生くんの「ミッション・インポッシブル」 → 

最初、DOIの会場で目にしたときは意外な方向性で驚いたけれど、新しいジャンルに挑戦!ってことで、滑り込んで磨きをかけていってほしいものです。
まだ若いんだから、いろんなものを試してみるといいよ、と思います。
ショートがこれなら、フリーはどうなるんだろう?と、それも楽しみです。

インタビューで、「ジュニアグランプリシリーズのファイナルが東京なので、絶対出たい」と仰っておりました。
「絶対」って言ってる。頼もしいなぁ。
その力強さに、「よし、ファイナルまで行くんだ!そしたら、私も観に行くよ!!」…と、テレビの前で思ってしまったよ。私が実際に現地に観に行けるかどうかは、かなり謎だというのに。

羽生くんは物腰柔らかそうな外見なのに、とても強気でやる気に満ち溢れていて、そこがまたいいところだと、思ってます。


このブログを以前から読んでくださっている方は、最近の私の心の傾きっぷりに、「大丈夫か、しろにゃ!?」と思っているかもしれませんが…。大丈夫です、しろにゃ(笑)
フィギュアスケート | TB:× | CM : 2
  [ 「魂のゆくえ」くるり ]
2009-07-04(Sat) 00:43:22
魂のゆくえ

くるりの『魂のゆくえ』、聴いてます。
ニューアルバムは『魂のゆくえ』だと知った時、すごいタイトルをつけるなぁと思いました。
すごいタイトルだけど、タイトルにもなっている「魂のゆくえ」という曲は、特に大上段に構えているわけではなく、アップテンポに軽やかな曲です。

まだあまり聴き込んでいないのですが、「つらいことばかり」が、耳に残って離れません。
「つらいことばかり」という曲名だけど、聴いていて、つらいという気はあまりしません。
つらいことばかりなのに、妙にテンションが上がる!
何も見つからないまま続いてゆく毎日、つらいことばかりかもしれないけれど、おーいぇい 「つらいこと吹き飛ばせ」♪
「つらかろうが」!、ね。

「つらいことばかり」の次に「さよならリグレット」がくるのが、また、いい流れだなぁと思うのです。
「さよならリグレット」を聴いていると、非常に風通しがいいような気持ちになります。
なんでしょう、川にキラキラと光が反射しているみたいな感じです。
「つらいことばかり」も「さよならリグレット」も、ピアノの音が印象的ですね。

くるりの曲で、女性コーラスが入ってる曲って、コーラスの入り具合がとても心地いいなと思います。「さよならリグレット」だけじゃなく、「ばらの花」とか、「Birthday」とかも。


「さよならリグレット」 → 
PVのシュールでゆるい謎の踊りがおかしい(笑)
音楽 | TB:× | CM : 2

copyright © 2009 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。