猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 全中 ]
2010-01-30(Sat) 23:23:47
今日は長野に来ています。
全国中学校スケート大会です。
長野は遠いなぁって思ってたけど、行けるところには行こうと思って来てみました。

男子Aクラスは羽生くん優勝。
三連覇ですね!おめでとうございます。
三年連続優勝で卒業って華々しいですね。

3Aは成功。3-3のコンビネーションの着地の後、ちょっとふらついた他はノーミスな感じでした。
点数は73.20

演技も良かったし、羽生くんの笑顔も見られて良かったです。

次は世界ジュニア。
私ごときが頑張れって言わなくても、十分頑張ってると思うけど、頑張ってくださいって言えたからよかったです。


スポンサーサイト
フィギュアスケート | TB:× | CM : 4
  [ いろいろ日記 ]
2010-01-26(Tue) 19:54:44
最近のいろいろ。

先日、眼科の待合室に座っていたら、3歳くらいの見知らぬ女の子がそばにやってきて、私に向かって絵本を差し出して、「読んで」と。
いきなりでびっくりしました。
えーと、私は君のママではないのだよ^_^;
薄くて文字の少ない本だったので、ちょっとページをめくったりしたんだけど、そしたら更にエスカレートして、今度は本棚からもっと文字がたくさん書いてある本を持って駆け寄ってきたので、えええー!?と思いましたが、そこで後方にいたママが気づいてくれました。
それにしても物怖じしない子ですなぁ。

そしてまた先日。
電車に乗っていたら、走行中に突然、急停車してしまいました。
急に停まったので、窓際に置いていたペットボトルが床に落ちて転がって行ったくらい。(私の置き方も悪かった)
何かと思ったら、「ただいまの停車は、線路をエゾシカが横断したことによるものです」というアナウンスが。
動物がいたから列車が停まったという話は、たまにニュースで聞くけど、遭遇したのは初めてでした。
いるんだ、エゾシカ。


最近は、フィギュアで全米選手権、欧州選手権など、大きな大会が続き、Jスポで放送もあったけど、ちょっと出かけたり用事があったりすると、録画を観るのも追いつかなくなってしまいます。
全米は観たけど、ヨーロッパはまだ途中。
全米女子はミライちゃんが優勝するかと思ったよ。SP1位で最終滑走で、ジャンプ全部降りて、スピンもスパイラルも美しくて、実況も解説も観客も、おおおおおー!?って感じの盛り上がりで、演技が終わる前からスタオベだった。
結局はジャンプがダウングレードされて点が伸びず、2位になってしまったけれど。
アメリカ女子はオピンピック枠が2枠だから、熾烈な争いでした。
3位のワグナーが残念。点が出た時、キスクラであんなに嬉しそうだったのになぁ。

そうこうしているうちに、もうすぐ四大陸も始まりますし、全中も気になります。
そんでもって、あっというまに2月になってしまいそうなのでした。

そんな今日この頃です。

日々のこと | TB:× | CM : 6
  [ 雪だるま ]
2010-01-21(Thu) 21:33:53
20100121-1

いただき物の雪だるまチョコ。
白くコーティングされた丸いチョコが二つ、雪だるまの絵のついた袋に入っているという、
それだけの単純なものなのに、かわいくていいですね。
白と赤で、なんとなく楽しい気持ち。


20100121-2

並べてみた。
雪だるま兄弟。

今、外ではどんどん雪が降っています。
そんなに降らなくてもいいのに~。


日々のこと | TB:× | CM : 8
  [ ひふみよ ]
2010-01-19(Tue) 21:19:19
昨日、友達から「ニュース」というタイトルのメールが届いて、「小沢」って書き出しだったから、一瞬、幹事長のことかと思ったら(そんな内容のメールなんて書かないと思いますが)、オザケンのことでした。

なんと久しぶりにライブをやるそうで。
今日のYahoo!ニュースにも載っていた。「小沢健二が13年ぶりにコンサートツアーを開催」!
何故、今になって…と驚きです。小説を書いて、環境問題に取り組んでいたのではなかったのですか。
音楽に戻ってくるなんて。
しかも全国ツアーで各地を回り、アルバム「ライフ」の頃のメンバー(スカパラの人とか)と一緒に、「ライフ」の頃の曲をやるらしい。
なんか…、楽しそうなんですが(笑)
昨日は私の頭の中に「ドタキャン」とか、そんな言葉もよぎったのですが、ツアーのサイトもできて、こんなに明確に告知したんなら、ほんとにやるんですね。

そのサイトはこちら →「ひふみよ
縦書きの変わったデザインになっています。
ツアー日程のほか、小沢と「うさぎ」の長い対話も掲載されています。本当に長いです。読み応えたっぷりです。話題もツアーのことから、タイガーウッズのこと、南アフリカのことまで多岐にわたっています。

それにしても13年ぶりって、時は流れましたね。
世の中は移っていくし、人の気持ちも自分の気持ちも変わっていくけど、昔、めちゃくちゃ小沢ファンだったので、ライブをやるというのなら気になります。でも日程が平日ばっかりなのね…。

音楽 | TB:× | CM : 0
  [ 「マイ・フェア・レディ」 ]
2010-01-17(Sun) 20:25:02
マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

お正月にBSで映画「マイ・フェア・レディ」をやっていて、録画していたのを週末に観ました。
以前にも観たけど、いろいろ忘れていました。3時間もあったんだっけ。長いな。長いけど楽しい映画なのであまり気になりません。
耳に馴染みのある音楽もいろいろ。衣装も斬新だったり、かわいかったりで鮮やかです。

貧しい花売り娘のイライザが、言語学の教授の教育を受けて、洗練された貴婦人に変身するというストーリー。
イライザは、最初はノラ猫みたいだったのに、鬼のように厳しい特訓を経て、妖精のような楚々としたレディーになるのでした。
でもやっぱり本質は気の強いイライザなんだけど。

ミュージカル映画なので、随所に歌があって楽しいです。
踊り明かそう! 一緒に両手を広げて回りたくなるわ。それにしてもオードリー・ヘプバーン、かわいいなぁ。 

♪ I could have danced all night ♪ → 


私は田舎育ちなので、元々の言葉使いが悪いです。気を抜くと荒くなってしまう。誰か鍛え直して(笑)


映画・ドラマ | TB:× | CM : 2

「RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧」 荻原規子 (カドカワ銀のさじシリーズ)

何故か背中が痛くて、ここ数日、家にいる時は湿布を貼って寝てばかりでした。
それはさておき、これまた久しぶりに本の話です。

レッドデータガール2作目。
山奥の神社で育った超内気な少女、泉水子(いずみこ)は、中学卒業後、東京の鳳城学園に入学し、新しい生活を始めます。
学園で、山伏の修行中の深行(みゆき)と再会したり、寮で同室になった活発な女の子・真響(まゆら)と親しくなったり…。
でも、どうやら、この学園には特殊な理由から集められた生徒たちがいるようです。

陰陽師や山伏が登場したり、学校内で式神と対決したり、なんとなくライトノベルテイストな感じで、私、今、若々しい話を読んでいるかも、と思ったりもしました。
銀のさじシリーズは、児童書のくくりなので、若い子向けなのは確かなのですが。
前半はそんな余計な事を考えたりもしたけど、終盤の、舞を舞うか舞わないか、のあたりの展開が面白かったです。

一応、パートナーということになっている泉水子と深行ですが、内気すぎて何も言えない女の子と、突き放すような男の子ではどうなることやら。
でもこれから、どうにかなっていくのでしょう。まだまだ前途多難な感じですが。

ストーリー展開もこれからどんどん壮大な話になっていきそうな予感があります。
2作目は、「えっ、こんな半端なところで終わるの?」というところで終わってましたが、まだまだ導入部なのかな。これからが楽しみです。


以下、この本で、いいなぁと思ったところ。内容に触れています。

 More...
| TB:× | CM : 4
  [ 「マリオネット」愛田真夕美 ]
2010-01-10(Sun) 23:53:06
「マリオネット」全4巻 愛田真夕美 (白泉社文庫)

一年以上ぶりにマンガのカテゴリーです。
ア○ゾンに表紙の画像が無かったです。

もう結構昔のマンガですが、今回、懐かしみながら文庫で読んでみました。面白かったです。

舞台は19世紀フランス。屈指の家柄を誇るヴィコント伯爵家の財産を相続することになった少年・ダニエルの周りで起こる愛憎劇を描いています。

私はほんとは淡くて温かい話が好きな傾向にあるのよ。
しかーし、このマンガは、耽美、欲望、陰謀、裏切り、悪魔信仰、すごいっすね。(でも読んじゃう)
作者もこの作品のことを「ウスラエロコワ」と仰っていましたが、まさしくそう。
魔性の少年伯爵ダニエルの行くところ、必ず不幸な事件が起こり、関わった人々は次々と破滅していくのでした。

結構残酷な物語なんだけど、あまり心を痛めずに読めたのはなぜだろう。
古き良き少女漫画の香りを宿しているからかな。私が退廃的な美少年というものに興味がないからかな。
でも、ダニエルがだんだんと成長していって、大事な人、守りたい人ができてくるのがいいですね。

今回、文庫を読んで一番意外だったのは、1巻の解説を谷山浩子さんが書いていたことです。
谷山さんのイメージと「マリオネット」のダークな感じが結びつかなかったので、ちょっとびっくりでした。


マンガ | TB:× | CM : 2
  [ もう5日 ]
2010-01-05(Tue) 18:32:48
年が明けて、新年ももう5日になってしまいました。
休みって早いですねー。
休みの初日には、これから無限の可能性が広がっているような気がするのにねー。(それは気のせいです)

お正月は、マンガ「ガンスリンガー・ガール」を読んで泣いて、フィギュアの中野選手の全日本のフリー演技をもう一度見て泣いて、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の録画を観て泣くという日々でした。
なんで新年からこんなに、泣きのスイッチが入っているのかわかりません。
私自身は全く元気なのですが。

でも中野選手は残念でした。代表が厳しいいうことはわかっていたけど、私は少なからずガックリしてしまいました。
フリーの「火の鳥」は研ぎ澄まされた渾身の演技でした。
でも鈴木選手も確かに活き活きと輝いていた。
インタビューで中野さんは「凄く緊張した」と言っていた。鈴木さんは「楽しんで滑った」と。
そのあたりの違いも出てしまったかな。
この先の四大陸や世界選手権で、中野さんらしい素敵な演技ができるといいです。いや、できますよ。

フィギュアの話をすれば、羽生くんのフリー、やっぱりCSでもBSでもテレビ放送なかったですね。
第3グループまでに入れなかったから、撮影自体が無かったのかなーって思ってましたけど、ちょっとは期待してました。でもやっぱりなかった。
全力で追い上げて、頑張って6位になったのに、映像が残ってないなんてさぁ。
エキシビションは放送があって、「世界ジュニア優勝候補です!」と紹介されてましたけど、その優勝候補のフリーを撮影してないなんてさぁ。
報道機関として、記録しておかなくていいの?
ちょっと嘆いてみました。


さぁて、明日から仕事だわ!


フィギュアスケート | TB:× | CM : 10
  [ 新年 ]
2010-01-01(Fri) 18:54:37
12月30日が仕事納めだったので、30日まで日常で、31日はひたすら掃除でした。
大晦日の夜は、いつのまにかうたた寝していて(飲みすぎか)、気づいたら12時を回っていて、知らないうちに年が明けてました。
ふと目が覚めてびっくりした。なんという気の抜けた新年の迎え方。

20100101-2

2010年、寅年ですねー。
一応、トラ猫の仲間なので、うちの猫に出てきてもらいました。
今年もよろしくお願いします。
みなさん、よい年になりますように。

2009年は私にとって、いろいろな面で変化のある一年になりました。
2010年がどうなるのかはわからない。
何事も、自分が動かなければ始まらない、と思うので、仕事でも趣味でも、動いていけるようにしたいと思います。
これは、ともすれば弱気になる自分への景気付けに書いてます。


20100101-3

今年のカレンダー。
一年中猫。
あと、仕事用のカレンダーは、今年も「チーズスイートホーム」卓上カレンダーです。


日々のこと | TB:× | CM : 10

copyright © 2010 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。