猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 「借りぐらしのアリエッティ」 ]
2010-08-31(Tue) 22:05:16
先日、映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
周囲の方々の「観に行ってきた」という言葉を聞いていたら、だんだん行きたくなってしまったのです。

前情報も収集せず、小人の話だということと、音楽がアイリッシュ系だということしか知らずに観に行きましたが、行ってよかったです。
ここ数年のジブリ作品の中では、一番良いと思えました。
私がこういう、小さくて不思議な世界、ささやかなファンタジー、異種族との交流、そういうものが好きなせいもあるかもしれませんが。

アリエッティは小人の女の子。家族三人で、人間のお屋敷の床下に家を作って、ひっそりと暮らしています。
必要なものを人間から「借りる」ために、見つからないようにお屋敷に忍び込む。
床下に住む小人にとっては、人間の家は、大きな迷宮のよう。
冒険のどきどき感がありました。

そして、アリエッティの部屋が、素敵だと思うものを片端から集めて部屋に入れました、というような感じの空間で、その小さい世界がかわいくて、わくわくしてしまいました。

アリエッティが借り暮らししているお屋敷に、病気療養のために翔という少年がやってきます。
人間に見られてはいけない小人と、小人と仲良くなりたい少年。
善意が禍になっていったり、なかなかうまくいかないものです。

隠れて暮らしている小人だけれど、やはりお屋敷の人は代々、小人の存在を意識していたようです。
「昔、小人をみたことがある」という話だとか、お屋敷にある豪華なドールハウスは、その小人のために作られたものだったとか。
小さな不思議を信じて、その存在に愛しさを感じていた人たち。そういう部分に、こみあげるものがあったりもしました。
こういうなんでもないようなところで、涙腺がゆるくなってしまって、まいりましたわ。


特に大きな感動とかはなかったのですが、素直な気持ちで、なんだか良いわ、好きだわ、と思える映画でした。
音楽も優しい響きでよかったです。


予 告 → 
主題歌 → 


その他、ひとこと、ふたこと、箇条書きで…。

 More...
スポンサーサイト
映画・ドラマ | TB:× | CM : 4
  [ 次は福井 ]
2010-08-28(Sat) 23:56:28
八戸に行って来てから一週間がたとうとしています。早いですね。

八戸で羽生くんの演技をみて思ったのは、当たり前だけど、DOIの時よりも確実に進化していたということ。
そして、「白鳥の湖」に、より力強さを感じました。男性的な白鳥だと思いました。

八戸に行く前は、これが終わったら一か月くらいは出かけないでおとなしくしているわ、と思っていました。
そしたら、来月、福井のショーに出演するんですってね、羽生くん。
福井に行くのは、正直言って、キツイわーと思います。
私、福井に行くのかな……?と自分でも半信半疑でしたが、でも、この前、新潟に行きたくて行けなかったので、今度こそは、と思うわけです。
しかし、新潟でも遠いと思っていたのに、福井だなんて更に遠くなっちゃって、もう笑いたいくらい。ははははは(壊れ気味)
でも行こうとしています。

そうそう、ツイッターでジョニーが羽生くんの衣装のデザインをしているとか言ってましたが、すごいですね!
素敵衣装かびっくり衣装か楽しみです(いや、たぶん素敵だよ)。どんなんかわからないけど、きっと似合うと思います。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 4
  [ PIW八戸メモ 2 ]
2010-08-23(Mon) 00:27:37
プリンスアイスワールド、八戸公演も終了しましたが、まだ家に帰っていないので、携帯から更新します。
2日目の羽生くん、ジャンプは、
昼公演 3A 3Lz-2T 2F
夕公演 3A 3Lz着氷に乱れ 3F
でしょうか。
アクセルはきれいでしたが、コンビネーションはなかなか完璧にはなりませんね。疲れも出ていたのかも。
でも見ている人を惹き付ける演技でした。

北側の客席に向かって、勢いよくアピールする部分があって、今日、北の一列目でそれをみたら、私の席の近くではなかったんだけど、「キャー」っていう波動(?)が伝わってきました。うらやましい(笑)

フィナーレでは、4Tチャレンジで転倒でした。
頑張れ!


ふれあいタイムでも丁寧に対応してくださって、老若男女の皆さんと握手していて、一周するのにかなり時間がかかっていました。

演技のときも、お客さんからの歓声が結構多かったですね。
人気あるなぁと思いました。


そのほか…、

本田さんの演技滑らか~。イーグルも素敵。
田村さん、ジャズで大人のカッコ良さだった。
あっこちゃんのマリアがとてもキラキラしていて、涙ぐみそうになってしまった。
プルさんはやっぱり圧倒的で、全部もっていってしまうようなオーラがあった。この場所でニジンスキーを観れて良かった。
荒川さんは、常に安定していてすごいと思った。

プリンスチームの演技も楽しく、あっという間の4公演でした。

4公演も観ちゃって、懐具合がかなり厳しくなりました。ああ…。
でも八戸に来てよかったです。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 2
  [ PIW八戸メモ 1 ]
2010-08-21(Sat) 22:15:48
かなりブログを放置していましたが、今日は八戸から更新です。

プリンスアイスワールド、八戸公演に来ています。
今日、明日で全4公演観ます。
頑張った自分へのご褒美というよりも、たいして頑張っていない自分にご褒美を与えすぎな感じです。

羽生くんは、SP「白鳥の湖」を披露しました。
DOIの時は、ショー用にアレンジしたものでしたが、今回は、コンペ用でした。
久しぶりにみた3Aがとても綺麗でした。
昼公演は、3A、3Lzお手付き、3F、かな?
間違っていたらすみません。
夕方公演の方が俄然、調子が良くて、コンビネーション入りました。

凄く表現力アップな感じで、キレがありました。
優雅なんだけど、それよりも、シャープで力強く、気迫を感じました。
カッコいい白鳥でした。
表情も、スクリーンがあったので、見えたのですが、鋭かったですね。

氷に伏せるような部分は無かったです。
ラストの振り付けの腕の動きが、白鳥の首の動きを思い出させるような感じで、印象的でした。そこに白鳥がいました。

フィナーレは、ミッションインポッシブルの衣装で登場。
4回転に挑戦で、転倒でした。


このショーは、他のショーと違って、最後にふれあいタイムがあり、エキサイティングシートに座っている人は、出演者に直接お花やプレゼントを渡せたり、握手できたりします。

私、今回、昼は北C列、夕方は西A列だったのですが、やっぱり三列目だと、ふれあいは厳しいですね^^;
前にいる人たちの隙間から手を伸ばして握手って感じです。
でも二回目は一番前だったので、荒川さん、プルさん、あっこちゃんなど、たくさんの方と握手できました。もちろん羽生くんとも。やっぱり最前列は違う…。
八戸は、押し合いもなく、和やかなふれあいタイムだったと思います。


あと思いつくままに書きますと…、

八木沼さんが思っていたより小柄で細くてびっくり。そして美女だった。
あっこちゃん、ウエストサイドストーリー、やっぱり躍動感があって素敵。
プルさん、噂のニジンスキー。王者な感じでさすがだった。夕方公演で大盛り上がり。客席を沸かせまくり。
荒川さん、フラメンコ、カッコイイ。足が不調だなんて全然感じさせない美しさ。
ゆきなちゃんも優雅な舞姫だった。
アクロバットなペアの二人の衣装も凄かったが、技も凄かった。
小林くんの踊りが目をひく感じだった。
などなど。


今日はこのへんで。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 暑いです ]
2010-08-08(Sun) 20:10:05
20100808-1

昨日の海。
車の窓から撮ってみました。
色彩だけ見てると涼しげだけど、実際は、あ~つ~い~ですね。

ここ数日、毎日暑すぎて、パソコンのある部屋にいると、黙って座っているだけで汗ダラダラになってしまうので(今も)、必要最低限しかパソコンに触ってませんでした。

気がつけば、もうすぐお盆ですね。
私の職場の休みはカレンダーどおりだし、更に今年は14日の土曜日も拘束されることになったので、お盆休みだぜ!!という盛り上がりに欠けています。

今のところの楽しみは、お盆時期が終わった後、プリンスアイスワールドで八戸に行くことです。
これはもう、絶対行くわ!!(力入ってます)
羽生くんが出ればいいなぁ…という願いを込めて、一か月くらい前にチケットを買っていたので、出演が確定してうれしい限りです。



20100808-2
暑い時に着るTシャツ。
今日は家で、これを着ていました(笑)
早く過ごしやすい気温になってほしいです。

日々のこと | TB:× | CM : 12
  [ 「乱反射ガール」土岐麻子 ]
2010-08-02(Mon) 23:01:35
乱反射ガール(DVD付)

8月になってしまいました。
時が過ぎるのが早いです。そして暑いです。

最近は、土岐麻子さんの「乱反射ガール」を聴いてます。
すごく夏らしいです。
海岸線を車を走らせて、海に行ってしまいたい気分です。
聴いていて、80年代シティポップな感じで、ちょっと懐かしいです。

っていうか、土岐さん、前のアルバムとジャケットのイメージが全然違いますね~。

CDのスイッチを押して、「乱反射ガール」「熱砂の女」「薄紅のCITY」までをよく聴いています。
というか、朝、仕事に行く準備をしながら聴いていて、その3曲を聴いたあたりで出かける時間になってしまうのです。
特に「熱砂の女」が頭から離れません。 ♪あなたは熱砂の女~。
そして、ラストの「City Lights Serenade」を聴いていると、なんとなく「夜空ノムコウ」を思い出してしまうのでした。

むかーし、トライセラトップスをちょっと聴いていた時期があって(アルバムの3枚目くらいめまで。特に2枚目)、なので、アルバムにトライセラの和田唱さんが参加しているのは、個人的に、おっ!という感じでした。
そんなこともあって、和田さんと一緒に歌っているカバー曲「HUMAN NATURE」を結構繰り返し聴いてます。

あと、DVD付きのを買ったのですが、DVDにはライブの模様が収録されていて、結構充実しています。


♪「乱反射ガール」 → 



音楽 | TB:× | CM : 2

copyright © 2010 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。