猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ロステレコム杯 男子FS ]
2011-11-27(Sun) 01:26:22
ロステレコム杯、男子は、羽生選手が優勝ですね!

1  Yuzuru HANYU   JPN    241.66
2  Javier FERNANDEZ  ESP  241.63
3  Jeremy ABBOTT   USA   229.08
4  Michal BREZINA  CZE  226.35
5  Artur GACHINSKI   RUS  221.43

リザルト → 
プロトコル → 

もちろん、羽生くんがファイナルに行ければいいなと思っていましたが、そのためには優勝するしかなくて。
誰が表彰台に乗るか読めないような激戦のロステレコム杯で、本当に優勝できるなんて、いやー、すごいです。
2位のフェルナンデス(序盤に4T 4S 3A-3Tって驚きます)とは、本当に僅差だったんですね。

冒頭の4Tが手を付いて転倒で、ステップでも転んでしまって(何故あんなところで…)、正直、どうなってしまうのかと思ったのですが、羽生くんは落ち着いて最後まで滑り切りました。
3Aも後半の3A-3Tも綺麗に降りたし、今回はルッツも決まりました。そして本当にフリップはエラーがつかなくなったんですね。

GPシリーズ、初表彰台で初優勝、おめでとうございます!
今シーズン、本当によく頑張っていると思います。

羽生くんのFS → 


ショートはテレビ放送があったので、大きな画面で観ましたが、強い勢いがあって、それでいて指の先まで何か伝わってくるような感じもあって良かったですね。スピンも早くて美しかったし。
フリーもちゃんと観るのを楽しみにしています。
スポンサーサイト
フィギュアスケート | TB:× | CM : 4
  [ ロステレコム杯 男子SP ]
2011-11-26(Sat) 02:07:47
GPシリーズ最終戦がロシアで始まりました。
男子SPの結果は…

1  Jeremy ABBOTT  USA  83.54
2  Yuzuru HANYU  JPN   82.78
3  Michal BREZINA   CZE  79.01
4  Javier FERNANDEZ  ESP  78.50
5  Artur GACHINSKI  RUS  74.73

リザルト → 
プロトコル → 

羽生くんは、82.78点で2位ですね。結構、点数が出て驚きました。
1位とは一点差だし、まずまずのスタートではないでしょうか。
TESは45.20で トップですね。

ジャンプは、4Tが手を付いてしまってかなり危ない感じで残念でした。
でも、3A、3Lz-3Tはきちんと決まって良かったです。
スピンが綺麗ですね。
プロトコルを見たら、スピンはすべてレベル4で、更にステップもレベル4じゃないですか!すごいです。
努力のあとが見える感じですね。

フリーでも、最後まで納得のいく演技ができるといいです。頑張れ!

羽生くんのSP → 

フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 11月の風景 ]
2011-11-23(Wed) 20:39:47
20111123-1

ちょっと散歩をしたり、お茶を飲んだり、そういうことも書きたいのですが、なかなか更新できずに時間がすぎていってしまいます。
今月に入ってから見た風景などを、少しメモしておきます。


20111123-2

11月の初め。銀杏の道が綺麗でした。


20111123-3

立ち寄ったカフェは、すでにクリマスモード。
窓が大きいガラス張りで、向こうに木々が見えます。


20111123-5

時間もとんで、場所もまったく別の場所で、11月半ばの銀杏。


20111123-4

曇り空のせいか、落ち着いた雰囲気です。
秋もだいぶ進んで、もう今頃は葉も落ちてしまったかな。
ここ数日はもう冬の空気です。



20111123-7

そしていきなり場面は変わって、早朝の海へ。
日が昇ります。


20111123-8

日の出を見るとやはり感動が。
普段、家で眠っているときにも、別の場所ではこういう時間が存在しているんですね。

以上、11月のあれこれでした。
散歩・お出かけ | TB:× | CM : 2
  [ NHK杯 ]
2011-11-19(Sat) 21:50:19
20111119

もうフィギュアの世界はエリック杯で盛り上がっているというのに、今になってNHK杯の話を書きます。
先週の金曜日は、テレビで女子SPを観て、明子ちゃんの素晴らしい「ハンガリアン・ラプソディー」に大いに盛り上がり、盛り上がった気分のまま、土曜日から札幌へ観戦に行ってきました。

印象に残ったことを箇条書きしますと…。

まおちゃんが笑顔で「愛の夢」を滑り終えることができてよかった。
明子ちゃんはフリーは満足のいく出来ではなかったようだけれど、ショートは凄かったし、優勝おめでとう。

国際大会初、ムロズの4Lz成功!凄い。でも翌日のフリーは悲しい演技になってしまいました…。
町田くんのショートがとても素敵だっただけに、スピンの転倒には「キャー↓」と声をあげてしまいました。
高橋くんのブルースは、滑らかで綺麗で、やはりすごく魅せる!と思いました。
小塚くんのナウシカも端正な感じで良かったです。最初は「らんらんらららん♪」のメロディーを聞くと、どうしても雑念が入ってしまったけど、だんだん気にならなくなってきています。
男子はマイナーが銅メダルになるとは思っていなかったので、驚きでした。若い選手の活躍を見るのは嬉しいです。

アイスダンスの6分間練習で選手同士の衝突があり、クリスは怪我をしてしまったのに、最後までよく滑り切りました。
ダンスはイリニフもフェンスに音を立てて激突してしまい、怖い6分間でした。


エキシビションがとても良い雰囲気でした。
オープニングの地元のフラッグスケーターたちの演技、転倒もあったけれど、良い雰囲気でした。

エキシビに出られるとは思わず、衣装を用意していなかったマイナーが、札幌で買った「北海道」と書かれたTシャツを着て現れ、注目を集めてました。
アップテンポな曲で、場内は手拍子で大盛り上がり。マイナーくん、良かったね!と思いました。この会場でマイナーの好感度はすごくアップしたのでは。

まおちゃんの「ジュピター」は、清浄な雰囲気で、涙が出そうになりました。
ほんとは、ショパンのワルツのほうが観たかったのですが(これを観た時、冬の街の風景を思い出したので、なんとなく)、「ジュピター」は素敵でした。

川口・スミルノフの「黒い瞳」、悠子ちゃんが妖艶さもあって凄くカッコよかった。アンコールの「いつも何度でも」にはじーんとしてしまいました。素晴らしい。
あと、ペアは、成美ちゃんが弾けまくり踊りまくりで楽しかったです。

エキシビの滑走順の紙を見たら、2部の最初に、「DOMOKUN」、国名「NHK」と書いてあって、これはっ…!!と興奮しました(笑)
(どーもくんたちは、製氷の前にも演技を披露していて楽しませてくれました。土曜の昼には、うさじいが転んだ拍子に頭が取れてしまうというハプニングが^_^;)
どーもくん、うさじい、たーちゃん、三人の演技も素晴らしかったし(「Choo Choo TRAIN」で、ちゃんと一列に並んで回ってるし!)、選手たちとハイタッチやハグもしていて、微笑ましかったです。
フィナーレではどーもくんが小塚くんに押されて転んでしまい、みんながすぐに助け起こしに駆け寄ってました。
フィナーレで楽しいといえば、高橋くんとあっこちゃんが、二人並んでステップを踏んでドーナツスピンやってましたね。マンボのかな。

わりとアップテンポの曲の選手が多かったので、手拍子がたくさんで会場も沸いてましたし、すごく温かい雰囲気のエキシビションだなぁと思いました。

真駒内のアイスアリーナは初めて行きましたが、段差もしっかりあって見やすくてとても良かったです。(私は二日間ショートサイドでした)
札幌でNHK杯をやってくれて嬉しかったです。天気もそんなに寒くなく、穏やかな秋晴れで恵まれていました。
札幌に行ったのは久しぶりだったのですが、とても楽しかったです。

来年のNHK杯は宮城! 羽生くんは出場するかな? とにかく絶対行く!!と思いました。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 中国杯EX + 報ステ ]
2011-11-08(Tue) 01:27:45
フィギュアの話題が続きます。

昨日の中国杯エキシビション、羽生くんは「Vertigo」をやるのかと思ったら、なんと新EXだったようで!
曲は、ジャスティン・ビーバーの「Somebody to love」 → 
新しいプログラムが観られるのは嬉しいですね。
「THE ICE」でやったグループナンバーの「Moves Like Jagger」をちょっと思い出しました。
今シーズンは、SPもFSも気迫のある感じだから、EXは踊る系統でいいと思います。
衣装はTシャツにパーカー、ジーンズで普通に私服っぽいですが(っていうか、「家庭画報」の写真と同じ?)、スピンをすると、お腹が出まくりですな。
3A跳んだり、ハイドロ、レイバックイナ、シットツイズル、スピンもいろいろ。
しかし、映像は、ビールマンとアップライトスピンでわざわざ天井カメラにならなくてもいいのに^^;

フィナーレも楽しそうで。→ 
ペアのパートナー取り換えっことか面白い。
最後に羽生くんは4回転を跳びに行ってますね。続いてナンソンくんも。
二人が一緒にいる画像も見ましたが、ほんと楽しそうでしたね。見ていてうれしくなってしまいました。


* * *


あと、今日(7日)は、「報道ステーション」で特集がありました。
四回転ジャンプを跳ぶときの感覚、跳ぶ瞬間の「ためる一瞬」の話は興味深かったです。

面白かったのは、
腕につけているパワーストーンが四回転を跳ぶときに邪魔ではないかと松岡さんに聞かれて、「僕には邪魔じゃないんです。えへへへへ(^^)」と笑ったところ。
そして、ランビエールに四回転ジャンプのコツを聞きに行った時の言葉、「アドバイス プリーズ!」ですね。

神戸のチャリティ演技会の映像も流れました。
私は神戸で羽生くんの演技に心打たれて、そのあとインタビューで羽生くんが「自分にはスケートしかない」と言っているのを見て、じゃあ、できるだけそのスケートを観に行くよ!と思ったのでした。
それでたいしてお金もないのに、アイスショーに行きまくりの夏になりました。

夢は何ですか?という問いに、
「オリンピックで金をとりたいです。それはゴールじゃなくて、そこからが始まりだなって思います」と答えていましたね。
そのあと、スタジオで松岡さんが捕捉で「十年後になったとしても震災の傷は癒えていない。だからこそ十年後も自分は滑って支援をしたいんだ、と言っていた」というように語っていましたが。
そこまで考えていたんですね。

私は羽生くんはいろいろ背負わずに、自分自身のために滑ってくれていいと思ってるんですけれど、十年後も演技を観ていたいです。応援しています。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 中国杯 男子FS ]
2011-11-05(Sat) 23:57:19
中国杯、男子フリーが終わりました。

1  Jeremy ABBOTT   USA   228.49
2  Nobunari ODA  JPN   227.11
3  Nan SONG   CHN   226.75
4  Yuzuru HANYU  JPN  226.53
5  Artur GACHINSKI   RUS  222.54

男子リザルト → 
プロトコル → 


…もう、展開が読めなさすぎて、波乱万丈の男子フリーでした。
試合はやはり、やってみなければわからないですね。
ベテラン強し。というか、若手が崩れてしまった感じかな。
そして、3位のナンソンくんは、フリーでは1位だったんですね。すごい。4回転も二つ降りてます。
羽生くんとガチンスキーくんのライバル対決かと思いきや、ナンソンくんが表彰台に乗ってしまいました。気負いがあったかどうかの差でしょうか。

羽生くんは、冒頭の4T成功!(やっぱり気分が盛り上がりますね)、続いて、3A、3F(eマークが付いていない!)と綺麗に決めて、前半は素晴しかったです。
後半の3A-3Tのセカンドで転倒。続いて3Lzでも転倒で、二転倒は痛かったですね…。
やはりLzが不調なのでしょうか。
最後の3Sが2Sになってしまったのも惜しかったです。
でもスピンはすべてレベル4ですね。
後半は疲れがみえていましたが、頑張りました。

今回は、優勝も狙えただけに、かなり悔しい結果だと思います。
でも、これを糧にして、またステップアップしていくのでしょう。
3週間後のロシア杯を楽しみにしています。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 2
  [ 中国杯 男子SP ]
2011-11-04(Fri) 23:58:22
ブログを書かないでいるうちに、GPシリーズが始まって、あっというまに第3戦中国杯になりました。
私は中国に行こうかと結構本気で考えたりもしたけれど、結局行けずに、パソコンとテレビの前で熱く応援しています。

今日の男子ショートの結果は…

1  Artur GACHINSKI  RUS   81.64
2  Yuzuru HANYU  JPN   81.37
3  Jeremy ABBOTT   USA  79.32
4  Nobunari ODA   JPN  77.65
5  Nan SONG  CHN  72.72

男子SPリザルト → 
プロトコル → 

男子シングルは2人欠場して8人の大会になってしまいました。さびしいです。
さびしいけど、2人減っても、どういう順位になるか読めないメンバーだなと思っていました。
あと、この大会には、2010年世界ジュニアの表彰台メンバー3人が揃っていて感慨深いです。
3人ともSPから4回転を入れてきていますね。

羽生くんは4Tが決まって良かった! 80点も超えた!
(4Tは綺麗に降りたと思ったけど、ジャッジはマイナスをつけてますね。)
試合ではなかなか4-3にできないけれど、3Lz-3Tにしてリカバリもできました。
コンビネーションがフェンスに近くて、観ていてちょっと不安になりましたが。
終盤は気迫がビシバシ伝わってくる演技でしたね。

4T-3Tを決めたガチンスキーがトップで、僅差で羽生くんが2位につけていますが、また羽生くんの闘志が燃え上がりそうな感じかなと思っています。
明日も良い演技ができるといいですね。頑張れー!と日本からエールをおくります。


あと、アボットのプログラムは、軽妙で洒落た感じでいいですね。やはり滑りが綺麗で巧いなぁと思いました。
織田くんは、怪我が心配でしたが、演技を観ていて、柔らかくてしなやかな感じがして良かったです。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0

copyright © 2011 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。