猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 仙台でスケート ]
2012-05-29(Tue) 23:58:05
年度が変わってから仕事がやたらめったら忙しくて、いっぱいいっぱいの状態なのですが、遊ぶ時は遊びます。
ライブのために仙台に行ってきました。
そして、この機会に、いつかは行きたいと思っていた仙台のリンクに行ってきました。

20120529-1

私が行った日は、そんなに混んでいなかったようです。
いつもはもっと人が多いそうです。
でも私が今まで行ったリンクより賑わっていました。
少し小さめのリンクですね。

フィギュアの人たちとアイスホッケーの人たちがそれぞれ練習していました。
貸靴ではなくマイシューズの方が多く、みんな真剣に練習している感じで、レジャーで行っている人は少ないんじゃないかと思いました。


20120529-2

そんな中、ヘロヘロな滑りのわたくし。
行くたびに、ゼロの状態で最初からやり直すような感じですね^_^;
もう、リンクに足を踏み出して最初の一周は、古いロボットみたいにギクシャクした動きですよ。
でもとりあえず、一時間半ほど滑ってきました。


20120529-3

入口に、記念撮影もできるコーナーが。
(画像クリックで、少し拡大します)


20120529-4

このリンク出身の荒川さんのコーナーが充実してました。さすがオリンピック金メダリスト!


20120529-5

パネルもたくさんありました。


20120529-6

色紙がいろいろ。


20120529-7

サインも懐かしい感じです。


20120529-8

これは今年の3月11日の復興演技会の時のものですね。


なかなか気軽に行ける距離ではありませんが、また滑りに来れたらいいなと思います。

このリンクから巣立って行った羽生くんは、今はカナダですね。新しい環境でも頑張っていってほしいです。


スポンサーサイト
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ さくら ]
2012-05-20(Sun) 21:36:06
20120520-2

雪深い冬だったので、今年は春が来るのも遅かったです。
やっと桜の季節になったので、やはり、日本人として桜を見たという実績を作らねば!と思い、桜を見に行ってきました。


20120520-1

これは先週の桜です。一週間前。


20120520-3

曇り空で、風が強くてめちゃくちゃ寒かった。
凍えながら歩いていました。


20120520-4

でも穏やかな風景。
桜は良いですね。


20120520-5

並木道を行きましょう。


***

20120520-8

一週間たってだいぶ暖かくなり、あまりにも天気が良かったので、家の近所をぶらぶらと散歩してきました。
これは昨日。
濃い色の桜も咲き始めました。


20120520-10

ワイルドに咲いてます。


20120520-9

あともうちょっと、桜の季節を楽しめそうです。


20120520-6

この花は、白とピンクがまざりあっていて、かわいかったです。
天気が良くてお花見散歩日和の週末でした。



散歩・お出かけ | TB:× | CM : 0
  [ 遊佐未森「cafe mimo~桃節句茶会~Vol.12」 ]
2012-05-05(Sat) 23:33:28
このブログも8年目に突入したのですが、こんなに更新をサボってしまったのは初めてです。
4月に人事異動があり、残業、残業、また残業で、仕事中心の毎日でした。
ゴールデンウィークでやっと一息ついた感じです。


連休前半、4月28日(土)、29日(日)は、遊佐未森さんの「cafe mimo~桃節句茶会~Vol.12」で東京に行ってきました。
カフェミモは、「桃節句茶会」ということでいつも3月なのですが、今年はなぜか時期が遅く、ゴールデンウィークに掛ってしまいました。
でもそのおかけで、遠征組の私も草月ホール2日間の公演を観ることができました。
(いつもは日曜の公演を観ると、その日のうちに帰れないのであきらめていたのです)

「桜、君思う」で、しっとりと始まったライブでした。

一日目で、特に印象に残ったのは「Snow Rose」
ピアノ弾き語りでしたが、聴いていて、あれ、この曲ってこういう歌詞だったっけ?と思うほど、力強く歌い上げられていて、胸に響いてきました。
「届けたい とどかぬ思いの
 閉ざしてた窓にも」
というところに強い思いを感じ、ハッとしました。

懐かしい曲では、一日目は「僕の森」、二日目は「山行きバス」をやりました。
うれしかったですね。

カフェミモならではの、企画コーナー(?)では、「ハサミとぎの歌」を。
すごーく昔に、みんなのうたでやっていた曲だそうです。
もとはイタリアの歌? イタリアモードで、「ミモランジェロ」とかいっていたような(笑)
♪ハサミとぎましょ、ハサミとぎましょ、お金はあとだ、仕事が先だ!♪というような歌詞。
未森さんがリコーダーを吹きつつ、早いテンポの曲を歌っていて楽しかったです。

以前、ゴンチチのコンサートでやったという「安里屋ユンタ」も歌ってくれました。
沖縄の音階も、未森さんの歌声もとても優しくて、懐かしい故郷へ帰っていくような感じがして、とても安らぎました。

「一粒の予感」は、ライブのアレンジ。これが好きなんですよねー。
アップテンポに盛り上がっていくのがたまりません。

本編最後は「風の自転車」で力強く。ラストの繰り返しのメロディーが心に熱かったです。


ゲストは、一日目が檀れいさん、二日目が山寺宏一さんでした。

檀れいさんは、キラキラしてました。歌声はまろやかな感じでした。
檀さんと未森さんのデュエットで、「いつでも夢を」 「モン・パリ」 「ひょっこりひょうたん島」を歌いましたが、檀さんはさすが宝塚仕込みで、普通に喋る時の発声も違っていたし、「ひょっこりひょうたん島」のコミカルな振付も、動作が指の先まで決まっていました。
ゲストのコーナーが終わって去っていく時も、クロールのように波を漕いでいく動きで退場して会場を笑わせてくれ、素晴らしかったです。
アンコールでは、未森さんと一緒に「銀河に恋するプラネタリウム」を。ほのぼのとしていました。
未森さんも檀さんと一緒のステージで、女学生のように喜んでいてかわいかったです。

そんなわけで、檀さん素敵~!と思っていたのですが、二日目の山寺宏一さんは、また違った明るいパワーでカフェミモを元気にしてくれて、こりゃまた凄いよ!と思ったのでした。
登場する時は、かまめしどんの声で登場してくれました(山寺さんは宮城つながり。かまめしどんは仙台弁)
声のお仕事だけあって、すごいエンターテイメントなトークで楽しませてくれました。

歌った曲は、未森さんとのデュエットで、「二人のハーモニー」、ジャズのカバー「What a wonderful world」(未森さんのピアノ伴奏で、唄は最初だけ自分の声で歌って、途中からサッチモのものまね)、再びデュエットで「いつでも夢を」でした。
「二人のハーモニー」は、矢野顕子さんと宮沢和史さんが歌っていた曲。矢野さんファンとしては、おおー!と思う選曲でした。間奏のホイッスルの部分を、山寺さんが口で音を出していて凄かったです。
アンコールは「カラフル!」
「カラフル!」で弾けまくるラストで、すごく盛り上がって楽しかったです。

二日連続、素敵なライブでとても充実したひと時でした♪

音楽 | TB:× | CM : 2

copyright © 2012 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。