猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 「honoka」遊佐未森 ]
2006-10-17(Tue) 21:32:47
honoka
「honoka」遊佐未森

『honoka』は2001年に出たアルバムですが、実はあまり聴き込んでいなかったんです。
「オレンジ」「遠いピアノ」「クレマチス」などは好きなのですが、あとはどんな曲が入っていたかしら?という感じでした。ごめなさい~。

でも、昨日、本当に久しぶりにアルバム一枚通して聴いてみたら、「えっ、『honoka』ってこんなにいいアルバムだったけ?」と思うくらい良かったんですよ。

わりと静かなアルバムでね。タイトルどおりに、ほのかな世界が描かれています。
聴いていたら、なんだかとても心が安らいでしまって。
気持ちが透明になっていくようでしたよ。
ゆっくりと温かいお茶を飲みたくなるような、深まる秋を感じるような、今の季節にあうアルバムだなぁと思いました。

日本的な音と、アイルランドやスコットランドの音とが、とてもいい具合に溶け合って、心が和らぐようなメロディーになっています。
そして、メインボーカルはもちろん、コーラスが端々まで美しい。
美しいだけじゃなくて、遊び心みたいなのものや、かわいさも感じるのです。
どの曲も良いではないか!と思いましたよ。

「通り雨」のしっとりとした優しさ、「Pie Jesu」の聖なる美しさ、幻想的な「月夜の浜辺」(中原中也の詩を朗読してます)、小さかった頃を思い出させるような雰囲気の「leaf」、いろいろ良くって、すごくうれしい再発見でした。

それで、今日もまた聴いています。


もともと好きな「オレンジ」は、イントロから引き寄せられ、これから何か楽しいことが始まるような気持ちになります。
「遠いピアノ」は、ノスタルジック全開で、遠い記憶を辿って行ける曲だと思います。好きだなぁ。

「製造中止」になってるけど、試聴はできます→ こちら
(iTunesで購入できます)
音楽TB : 1CM : 10
「猫に恋して」高田理香HOME「少し変わった子あります」森博嗣

COMMENT

  +
『honoka』旧ブログでとりあげたことあります^^

この時期は羽毛田丈史氏がプロデュースされていて、
遊佐さんのコンサートでも数回、ツアーを一緒に廻られました。
ちょうど鬼束ちひろさんが人気出るころでしたね。

で、私も昨日取りだして聴いていましたよ^^

KOKIAさんの来春、アイルランドでレコーディングし
出されるアルバムも楽しみですね^^
b y つっつ | 2006.10.17(22:01) | URL | [EDIT] |
  +
調べてみたら「honoka」iTunesで買えますね。遊佐未森で検索したら出てきました。
b y うちゃ | 2006.10.17(22:57) | URL | [EDIT] |
岩手の美術館のコンサートの日、館内に流れていたBGMは、『honoka』収録の曲が多かったかもしれません。
(他にもいろいろあったけど)

今回、聴いてみたら、すごく気持ちに馴染んでくる感じだったんですよ。
今、ホノカなものと波長の合う時期なんでしょうかね。

>ツアーを一緒に廻られました
そういえば、「クレマチス」のDVDのライブパートに羽毛田さんも出てましたね。
(ちょうどさっき、観たのです)

KOKI薬局で、アイルランドでのセッションの様子を流してほしいですね~^^
b y しろにゃ | 2006.10.17(23:05) | URL | [EDIT] |
>iTunesで買えますね
ほんとだ~。東芝EMI時代のアルバムは買えるんですね。
ちなみに、初期の頃のアルバムは、12月に再発されるそうです。

ところで、私もiPod nanoの青いのが欲しいです。
b y しろにゃ | 2006.10.17(23:19) | URL | [EDIT] |
  + 小さな桟橋
>『honoka』は旧ブログでとりあげたことあります^^
今も聴いているのですが、以前記事にしたときよりも
体内に染み渡っていく感じです。
美しい風景が広がっていく感じですね。
ホント、聴くたびに、このアルバムの良さを実感しつつあります。
なんか再発見って感じで嬉しい気持ちになりますね。
『honoka』の世界に浸っておりますよ^^

「小さな桟橋」がとても気持ちいい~v-46
b y つっつ | 2006.10.18(23:50) | URL | [EDIT] |
ほんとに、今の季節にぴったりですね。製造中止なんてもったいない。
b y うちゃ | 2006.10.18(23:59) | URL | [EDIT] |
「小さな桟橋」、身軽になった気分になります♪

ここ数日、とても新鮮な気持ちで「honoka」を聴きまくっています。
本当に「体内に染み渡っていく感じ」ですね。
つっつさんの記事も読ませていただきましたよ~。
「I'll remember」を聴くと、優しく包み込まれるようなものを感じます。
b y しろにゃ | 2006.10.19(19:37) | URL | [EDIT] |
TBありがとうございます。
買ってしまったんですね!
「honoka」のこと、記事にしてよかったです(*^_^*)
秋の夜長を「honoka」とともに、という感じです。
b y しろにゃ | 2006.10.19(19:43) | URL | [EDIT] |
『Honoka』はわたしも大好きなアルバムです。ほんわかしますよね~(^^)わたしは実は遊佐さんの音楽を聴き始めたのは3年ぐらい前からなので、初期の不思議っこ全開の時よりも(笑)、これぐらいの大人な雰囲気の方が好きです^^

しろにゃさんの記事を読んで、わたしも今聴いていますよ(^^)
b y きりん | 2006.10.21(18:03) | URL | [EDIT] |
今まで「honoka」の良さに気がつかなかった私がバカだったっ…!と思っています(^_^;)
和みの一枚ですね。

初期の頃の映像をいま観ると、こんなファンタジックな人、他にはいないよ…と、ちょっと驚きを感じることもあるのですが、今も昔も好きなのでした^^
b y しろにゃ | 2006.10.21(22:58) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://shironyakuronya.blog62.fc2.com/tb.php/244-4273c63c


 しろにゃさんのところで紹介されていたアルバム。CDの方は製造終了だそうだが、iTunesでは売っていたので買ってしまった。 以前から何度も書いているのだけど、彼女の声は絶品。特に澄んだ高音の美しさはちょっと他に比べられる人がいないんじゃないかと思えるくらいだ
2006-10-18(Wed) 23:56:22 | Non-Fiction

copyright © 2017 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。