FC2ブログ

猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 地震 ]
2011-03-13(Sun) 16:22:36
3月11日の地震は、私のところも結構揺れました。
大津波警報も出たけれど、大きな被害もなく、その後、普通の生活をしています。
テレビのニュースで繰り返し流れる被災地の衝撃的な映像には胸が痛くなりますが、今、あたたかい家で暮らしている私が何を言ってみても、空虚な言葉になるような気がして、どう書いていいのかわかりません。
みんな、11日のお昼には普通にご飯を食べていて、これから先も日常が続いていくはずだった、そう考えると悲しくなります。

地震のニュースばかり見続けていると、だんだん気が滅入ってきますが、ここで自分が暗くなっていても何にもならないので、前向きな気持ちでいたほうがいいのでしょう。
元気なはずの人まで暗くなっていてはしょうがない。

被災地に住んでいない人が協力できそうなことは、節電、献血、募金、などでしょうか。
私も節電運動に協力しようと思ったけれど、私の地域で節電しても、今のところ効果はないそうです。
献血もできないし、残るは義援金かな。近日中に、募金してこようと思います。

***

12日は本当は遊佐未森さんのライブで東京に行くはずでしたが、地震の影響でライブ自体が中止になってしまいました。
開催されていたとしても、交通機関が止まっていたので行けなかったし、ニュースで被災地の惨状をみていたら、行く気になれなかったです。
未森さんは仙台出身だから、お身内の方の安否も気がかりだったと思います。

そして仙台といえば、羽生くんです。
とても心配でしたが、ネット情報をみるかぎり、ご無事なようですね。
生活や練習のことなど、問題はあると思いますが、羽生くんもご家族も無事でいてくれるのなら、ひとまずは安心です。

日々のこと | TB:× | CM : 8
私にできること…HOME近況などなど

COMMENT

  +
大災害が起こってしまいましたね。
しろにゃさんの所は海が近そうだったので
津波を心配していましたが、よかったです。
あの静かな海が襲ってくるなんて想像できないですよね。ほんと怖いです。

今回ばかりは国民が団結して乗り切りたいですね!
わたしも節電、募金に協力したいと思います。
献血もしたいけど、投薬治療中なのでできません…

カフェミモは残念でしたが、仕方ないですね…
仙台出身の未森さんも大きなショックを受けているでしょうね。
羽生くんも無事でよかったです。

わたしも地震以来、宮城在住の知り合いと音信不通になって
大変心配な日々を過ごしていましたが、先ほど
「人も家も無事です」とメールがきました。
ほんと安心しました。よかったよー(T.T)
b y きりん | 2011.03.13(17:28) | URL | [EDIT] |
津波は怖いと今回のニュースで改めて思いました。
海は歩いて行ける距離にあるので、本格的な津波がきたら心配ですが、
今回は大丈夫でした。

何か自分にできることはないかなーと思うけれど、
できることは募金くらいで。
献血は私もできなくて残念です。血の成分が薄い(?)みたいです。

カフェミモは、5日に行っておけばよかったかなぁ^^;
今回はしょうがないですね。

きりんさんは、お友達と連絡が取れてよかったですね!
b y しろにゃ | 2011.03.13(18:03) | URL | [EDIT] |
  +
今回の地震はとてもしろにゃさんの所からはとても近いですね。
何もなくて本当に良かったと思います。
仙台、宮城は私にも思い入れの強い地域なのでとても心苦しく思います。

それなのに何もできない自分は本当に情けないです。

一生懸命ポジティブに思うようにしても夜になると悪夢にうなされます。

被災地域の方々には一日も早く復興できるよう心よりお祈りいたします。
お願いします。どうかお願いします。
b y 赤猫 杏 | 2011.03.17(00:35) | URL | [EDIT] |
  +
ご無事で何よりです!
津波が押し寄せるところは映画のワンシーンのようでした。
私が住んでいるところは震源地から遠い場所ですが、それでも海岸沿いは津波がありました。地震が起きた時私は会社にいて、建物がつぶれては大変と思い慌てて外に飛び出しました。外に出ても揺れを感じるんですよ。なので、被災地がいかにすごかったかがわかります。
車の中のテレビを見ると特番に変わっていました。
今回の震災をきっかけに里帰りする人もいます。家族の安否確認のため故郷である被災地に戻る人もいれば、逆に被災地に住んでいた人は避難のため故郷に帰ります。そして外国人も次から次へと帰国しているそうです。

人間自然には勝てませんね。
b y NK | 2011.03.17(22:01) | URL | [EDIT] |
東北は身近に感じる地域なのですが、
海を隔てて、今はずいぶんと生活に差が出てしまっています。
なんだか申し訳ない気持ちなのですが、
普通に暮らせる私たちは、日本を停滞させないように、
自分のやるべきことをやって、元気に日常を生きるしかないのかなと。
赤猫さんもあまり思いつめないように!
一日も早く、復興が進みますように!
b y しろにゃ | 2011.03.17(23:22) | URL | [EDIT] |
  + ■NKさん
津波があんなに陸地の奥まで来るとは思いもよりませんでした。
本当に予想もできない災害でした。
今回の震災+原発で、住んでいる場所を去らなくてはならない方たちがたくさんいますね。

自然の力は恐ろしいですけれども、
自然に打ちのめされても、復興していく強さを人間は持っているんじゃないかと思います。
b y しろにゃ | 2011.03.18(00:14) | URL | [EDIT] |
私は、被害があったのかないのかよくわからない状況です。(家は何一つ変わりなかったので)
 当日は、旅行に行くつもりでしたが、寸前でアウトになりました。
 今週、再チャレンジしつつ、西日本の友人とも話してくるつもりです。
 あと、とりあえずあれから毎日mixiに段々過激になる日記を書いています。
 今回の被災地は、見たり歩いたりしたことがあるところが多いので、かなりきています。
 特に三陸地方ははたから見れば十分すぎる準備をしていたのですが、自然の猛威はあっさりと乗り越えていってしまいました。
 一千年前の津波の到達地点の標識があり、津波の恐ろしさを知り抜いていたはずの地域だったのに…などと思うと、無力さを感じざるを得ません。
b y FANTASIA | 2011.03.23(22:35) | URL | [EDIT] |
新幹線はちょうど悪いタイミングでしたね。
私も今月の遠征の予定はすべてアウトになりました。
行ったことのある場所や、思い入れの深い場所が被害を受けるのは、
なんとも言葉に言い表せないものです。

今回の津波は本当に、想定外のものだったのでしょう。
あんなに内陸まで津波がくるとは普通は思いませんもの。
実際に津波がくるまでは、ここは大丈夫と思ってしまうと思います…。
b y しろにゃ | 2011.03.24(22:20) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。