FC2ブログ

猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 神戸から帰ってきて ]
2011-04-14(Thu) 01:29:36
神戸に行く前後で仕事が慌しく、先週からすごい速さで日々が過ぎていっています。
そんな中、パソコンが壊れてしまいました。
電源を入れても、まったく立ち上がらないのです。ディスプレイも真っ暗。
修理に出さなきゃならないのか…と思いながらも、物事を深く考えられず、とりあえずそのままになってます。週末にじっくり考えよう。
今は、以前使っていたノートパソコンを引っ張り出してきてネットに繋いでいます。
久しぶりだけど、ちゃんと動いてくれてよかった。しかし、動作がものすごく、おーーもーーいーー、です。



20110413

先日の神戸のチャリティー演技会では、募金が977万3515円、チャリティーオークションで295万4323円、合計1272万7838円が集まったとか。
すごいですね。神戸に駆けつけたスケートファンの底力を感じますね。


演技会での羽生くんの演技は素晴らしかったです。
「白鳥の湖」は、本当に、指の先まで何か伝わるものがあるような、細やかで、それでいて強い演技でした。
アンコールの「パガニーニ」も良かったのです。
綺麗に決まった3Aや、柔和な表情で長いイーグルを繋いでいったところが特に印象に残っています。
リンクの天井から、午後の明るい日差しが射していて、その空間の中で、静かで穏やかで美しい演技がなされていて、なんともいえないような清浄な雰囲気でした。

この演技会自体が、特別なものだったと思うけれど、このときの羽生くんの演技も稀有なものだったと思います。
演技が終わった後、みんな立ち上がらずにはいられなかったし、あんなにたくさんの拍手が。

羽生くんは震災時、仙台にいて、語りつくせないような想いがたくさんあると思います。
ニュースで流れていたインタビューで、
「スタンディングオベーションや拍手を受けること自体が奇跡だなと思うし、その奇跡を一つ一つ紡いでいくことで、東日本も被災した神戸のように、しっかりと明るいあたたかな街になっていければなと思う」
という言葉がありました。

奇跡だなんて。
こちらのほうこそ、この日は、とても素敵な演技を見せてくれて、本当にありがとうという気持ちでした。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 2
神戸さんぽHOME東日本大震災チャリティー演技会

copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。