猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ PIW横浜メモ1 ]
2011-04-30(Sat) 23:58:16
世界選手権、女子は安藤選手が優勝!
おめでとうございます!

しかし、私は今日は「プリンスアイスワールド」で新横浜に来ているので、プリンスのことを書きます。
今日は羽生くんのことだけ、メモ程度に少し。

横浜公演は行こうかどうか迷ったのですが、この前、神戸で羽生くんの演技を観たら、もっと観たくなってしまったので、結局来てしまいました。
横浜行きを決めたので、さすがにその後の豊橋には行けませんが…(^^;)

私は今日は午後からの公演を観ました。
羽生くんは「白鳥の湖」ショーバージョンです。

今回の演技は、今までよりもずっと強さを感じる「白鳥の湖」でした。
今までは繊細な部分もあったように思うけれど、今日は動きにメリハリもあり、野性の白鳥というか、強い風に吹き付けられても羽ばたいていく、というような強い印象でした。

演じている表情も険しい感じだなと思いました。
でも演技が終わってお辞儀するときは、とってもにこやかな笑顔でしたね。

今日の演技は良かったです。
二つ跳んだジャンプも綺麗だったし、レイバックイナバウアーやシットツイヅル、スピンなど見せ場もいろいろ。

フィナーレでは、ジャンプを跳ぼうとして抜けてしまい、もう一度跳び直していました。

プリンスには最後にスケーターにお花やプレゼントを渡せるふれあいタイムがありますが、羽生くんは丁寧にまわってくれるので、一番最後まで時間がかかっていました。
私も「応援しています」と伝えてきました。
もう、すっごい応援してますからね(笑)

ショー全体の感想は、また後日書くと思います。


フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
PIW横浜メモ2HOME世界選手権・男子

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。