FC2ブログ

猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ PIW横浜メモ2 ]
2011-05-02(Mon) 23:54:06
「プリンスアイスワールド2011 in YOKOHAMA」、私は4月30日午後と、5月1日午前の2公演に行ってきました。

初日の羽生くんの感想は、この前、書いてます。
私が観た2公演ともミスのない素敵白鳥でしたが、初日のほうが、より力強さを感じたかな。
2日目午前のフィナーレでは、4回転チャレンジで転倒でした。残念。でも挑んでくるところが良いですね。
ふれあいはやっぱり最後まで時間がかかってました。
聞くところによると、午後の回では演技中のジャンプは失敗したけれど(疲れちゃったのでしょうか)、フィナーレの4Tは成功したそうですね。


では、ショーで印象に残ったことを、箇条書きに。

本田さんの「Awake」
毎回書いてますが、イーグルが素敵(そうです、私はイーグル好きなんです。)
ジャンプなど、初日よりも二日目のほうが良かったかな。

由希奈ちゃんは紫の衣装で、しっとりと「オペラ座の怪人」、レイバックスピンが美しい。
あと、群舞のフラメンコで、赤のロングドレスを着て舞うのがカッコよかった。

南里くん、「サマータイム」
初日の午後の公演ではジャンプに失敗があったけれど、二日目は、3Aもバッチリ決まって非常に良かったです。
群舞の時、チェックのシャツを着て、首にスカーフをして、フニクリフニクラの曲に合わせて踊るのがかわいかった。南里くん、スカーフが似合います。

フィオナ&ドミトリー。
アクロバットな技が凄すぎて(フィオナさんの衣装も大胆ですごい)、お客さんも「おおおー!」と盛り上がります。1部ではこの2人の時が一番客席が沸いていたのでは。
群舞の時に、チャイナ服で登場したのも嬉しかったです。

八木沼さんはもともと美人だけど、氷の上ではとってもチャーミング。
衣装もいちいち素敵でした。

明子ちゃん、青い衣装でピアノのクラシック曲。ミスはありましたが、流れるような素敵な演技でした。
2部の始まりに八木沼さんの挨拶があり、震災についてメッセージを語るコーナーがありましたが、私が観た回は、あっこちゃんが登場でした。

町田くんの「Don't stop me now」は、眼鏡をかけてマフラーを巻いた地味な青年が、途中で眼鏡を外して、はじけまくるというような設定。
エアギターを思いっきり掻き鳴らして熱演。まさにドント・ストップな感じ。
お客さんを引き込んで、盛り上げてました。
勢いがあって、ジャンプも綺麗で、プログラムも面白いし、良かったですね。
途中でメガネとマフラーを外して客席に預け、あとから回収しにくるのですが、ちょうど私の席にやってきて、びっくりしました。町田くんの小道具を預かってしまったよ。

村主さん、クラシックの曲。序盤がしっとりとゆるやかな雰囲気で、途中で曲調が変わり、メリハリのきいた強い感じに。洗練された演技で良かったです。

荒川さんは、初日は青い衣装で「月の光」
2日目は女性ボーカルの曲。静かに希望の光が射してくるようなイメージで美しかった。衣装が神話に出てくる女神か妖精か…みたいな感じで素敵。

プリンスチームの群舞は、インド、スペイン、中国などなど、それぞれの国をイメージした衣装で演じるのが、華やかで目を楽しませてくれました。
手話をまじえての「あとひとつ」も良かったです。

子供から大人まで楽しめるプリンスアイスワールドですが、近くの席に座っていた小学校低学年くらいの男の子が、目をキラキラさせながら観ていて、なんだかいいなぁと思いました。

明日からショーの後半日程がはじまりますが、日帰り圏内に住んでいたら、後半も行きたかったな。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
さくらHOMEPIW横浜メモ1

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。