猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ FaOI福岡メモ2 ]
2011-07-06(Wed) 23:58:14
アイスリンク仙台のHPに、7月24日から営業再開予定という告知が出ていますね!
本当に良かったです。

***

20110705-1

さてさて、更新が遅くなりましたが、7月2日(土)は、「Fantasy on Ice 2011 in Fukuoka」のため、マリンメッセ福岡に行ってきました。
私が観たのは夜公演だけ。せっかくわざわざ福岡まで行ったのに、一公演しか観られないのはさびしい気もしましたが、一期一会だと思って楽しんできました。

感想メモをざっと書きます。順番は入り乱れてます。

アーティストとスケーターとのコラボがある Fantasy on Ice ですが、今回は倉木麻衣さんがゲスト。
オープニングは「Secret of my heart」でした。
振り付けは去年と同じものでしょうか。スケーターのみなさんは白い衣装でした。

最初に地元、福岡のスケーターの南里くん、続いて中庭くんが登場。
プロスケーターとしての道を歩き始めた南里くん。♪She's special~という歌詞の入っている曲。笑顔で滑っていて良かったです。私の観た回は、大きなミスもなかったのではないかと思います。

中庭くんは「海猿」 丁寧な演技でした。全日本で観た「龍馬伝」が、かっこよかったので、もう一度、中庭くんの演技を観たいなと思っていたのでした。最後に観ることができてよかった。これからはコーチとして頑張ってください。

今井さん 新SPで淡いピンクの衣装。洗練された上品な女性という印象で、大人っぽくなったなと思いました(でもかわいい) スピードや強さもありました。そしてドーナツやビールマンスピンが速くて美しい! 今シーズンの遥ちゃんに期待です。

村主さん 「G線上のアリア」からヒップホップへと変化するプロ。前半は片足ステップで滑って行きます。途中でいろいろ派手に脱ぎ捨て、サングラスを客席に渡しますが、あのサングラスは最後、どうしてるんだろう?お客さんにあげちゃうのかな。

鈴木さん 「バーレスク」、キラキラ衣装で踊りまくってパワーを感じる演技でした。脱いだ上着を最後に取りに来る時がちょっとかわいいです。

羽生くん 「ロミオとジュリエット」、羽生くんのことは、この前書いていますが、3A3Tも綺麗に決まり、ミスもなく良かったです。ステップはちょっと疲れているような気もましたが、力強い演技でした。終わったあと、良し!というような動作あり。
演技の前にアナウンスで「勇気の舞です」と紹介されていたけれど、何かそういう気合いの入ったものが、確かに込められているかなと思いました。

村上さん 「amarti si」、私の観た回は調子が良かったようで、演技が終わったあとも嬉しそうでした。三連続ジャンプも決まってました。空に向かって伸び伸びと羽ばたいていくようなイメージの演技だなと思いました。

安藤さん 「ブラックスワン」でした。お客さんたちも「あっ、ブラックスワン!」と思った方が多かったのでは。会場に、息をのんで見守るような雰囲気がありました。終盤、有名なフレーズが流れるあたりで、凄い迫力を感じました。格好良いプログラムです。

ベルネル 倉木さんとのコラボで「Be with you」、爽やかでカッコイイ。ベルネルはわりとアーティストとのコラボが似合うのではないでしょうか。ちょうどトマシュのバナーのある位置にアピールする場面があって、良かったねと思いました。
二部では「マイケルジャクソンメドレー」 演技が終わったあとは、ムーンウォークで去って行きました。

ジョニー 一部では、今まで自分が使った曲をつないで編集したジョニーウィアーメドレーのような曲。演技の解説の音声(?)なども入っていて、最初はとまどいも感じましたが、演技が進んでいくと、やっぱり動きが美しくて綺麗だなぁと思いました。
ジョニーが去ったあと、倉木さんの歌がはじまって、でもスケーターは誰も現れず、これは倉木コーナーなの?と思ったら、途中からジョニーが登場。コラボで滑ってくれました。
二部は、レディ・ガガの「Bad Romance」 まず、衣装がすごい。ピッタリフィットしたスケスケの網のような衣装で、非常にキラキラしていました。顔にはペイント。ジョニーの存在感がすごいし、客席からは「キャーーーー!!!」という歓声が降り注ぐし、曲にも勢いがあるし、ここにはスターがいる!という感じでした。
いろいろと突き抜けていて、凄いなぁ、さすがジョニー、これはジョニーにしかできない、と思った数分間でした。

キャンデロロ エンターテイナーで素晴らしかったです。このショーはキャンデロロが出演しているというのが売りの一つですが、私も生でキャンデロロを観られる日が来るなんて!と楽しみでした。
一部は「ダルタニアン」、剣をさばく振付が印象的です。コミカルさもあり、カッコよさもあり、バックフリップもあり、客いじりもあり…。会場を沸かせていました。
二部は「Maybe I Maybe You」、白いシャツを着ていて、途中でそれをちぎって客席に投げたり、ターゲットにしたお客さんに愛をアピールし、ハグしたり、一緒に踊ったり(ノリの良いお客さんだとうれしいですね)、膝の上に座ったり、といろいろ楽しませてくれました。最後はウサギ跳びで去って行きました。

ランビエール 一部でラフマニノフ、二部で「Bring me to life」 二つとも、よどみなく美しい演技でした。そしてやっぱり次々とポジションを変えていくスピンに目を奪われます。

ボロソジャル&トランコフ 一部で楽しく「スーパーマリオ」、二部でしっとりと優雅に「L'amore Sei Tu」と趣向の違う二つのプロを楽しめて良かったです。スロージャンプがうまくいかなかったけれど、ペアの世界を堪能させてくれました。

荒川さん オープニングから惜しみなくイナバウアーを披露。
一部は「ネッラファンタジア」、このプログラムの荒川さんは女神のようで、観ていて浄化されそうです。二部は、倉木さんとのコラボで、チャリティソング「あなたがいるから」 ジャンプも安定しているし、スパイラル、イーグルも綺麗でした。

ポーリシュク&ベセディン アクロバットの二人。アクロバットなので、技が凄い。一部で赤と緑のもじゃもじゃ頭のカツラをかぶったコミカルな演技、二部では、優雅な「白鳥」の曲に乗せて、ゆるいプログラム。わざとゆっくりにやっているのだけれど、間の取り方が絶妙で、かなり笑いを取っていました。スタオベもありました。面白かったです。

チェスナ夫妻 エアリアルで「アヴェマリア」、金沢ではトラブルがあったようですが、福岡では大丈夫でした。天翔けるように美しく空中を舞う姿にうっとりでした。

フィナーレは、みなさんおそろいの黒系の衣装で、帽子をかぶって椅子を使ったプログラム。
椅子を持って移動しながら踊ったり滑ったり、去年観た時から、洒落ていて素敵なフィナーレだなと思っていたので、また観ることができてよかったです。

というわけで、盛りだくさんの内容で、充実の「Fantasy on Ice」でした♪



フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
太宰府へHOMEFaOI福岡メモ

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。