FC2ブログ

猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ NHK杯 ]
2011-11-19(Sat) 21:50:19
20111119

もうフィギュアの世界はエリック杯で盛り上がっているというのに、今になってNHK杯の話を書きます。
先週の金曜日は、テレビで女子SPを観て、明子ちゃんの素晴らしい「ハンガリアン・ラプソディー」に大いに盛り上がり、盛り上がった気分のまま、土曜日から札幌へ観戦に行ってきました。

印象に残ったことを箇条書きしますと…。

まおちゃんが笑顔で「愛の夢」を滑り終えることができてよかった。
明子ちゃんはフリーは満足のいく出来ではなかったようだけれど、ショートは凄かったし、優勝おめでとう。

国際大会初、ムロズの4Lz成功!凄い。でも翌日のフリーは悲しい演技になってしまいました…。
町田くんのショートがとても素敵だっただけに、スピンの転倒には「キャー↓」と声をあげてしまいました。
高橋くんのブルースは、滑らかで綺麗で、やはりすごく魅せる!と思いました。
小塚くんのナウシカも端正な感じで良かったです。最初は「らんらんらららん♪」のメロディーを聞くと、どうしても雑念が入ってしまったけど、だんだん気にならなくなってきています。
男子はマイナーが銅メダルになるとは思っていなかったので、驚きでした。若い選手の活躍を見るのは嬉しいです。

アイスダンスの6分間練習で選手同士の衝突があり、クリスは怪我をしてしまったのに、最後までよく滑り切りました。
ダンスはイリニフもフェンスに音を立てて激突してしまい、怖い6分間でした。


エキシビションがとても良い雰囲気でした。
オープニングの地元のフラッグスケーターたちの演技、転倒もあったけれど、良い雰囲気でした。

エキシビに出られるとは思わず、衣装を用意していなかったマイナーが、札幌で買った「北海道」と書かれたTシャツを着て現れ、注目を集めてました。
アップテンポな曲で、場内は手拍子で大盛り上がり。マイナーくん、良かったね!と思いました。この会場でマイナーの好感度はすごくアップしたのでは。

まおちゃんの「ジュピター」は、清浄な雰囲気で、涙が出そうになりました。
ほんとは、ショパンのワルツのほうが観たかったのですが(これを観た時、冬の街の風景を思い出したので、なんとなく)、「ジュピター」は素敵でした。

川口・スミルノフの「黒い瞳」、悠子ちゃんが妖艶さもあって凄くカッコよかった。アンコールの「いつも何度でも」にはじーんとしてしまいました。素晴らしい。
あと、ペアは、成美ちゃんが弾けまくり踊りまくりで楽しかったです。

エキシビの滑走順の紙を見たら、2部の最初に、「DOMOKUN」、国名「NHK」と書いてあって、これはっ…!!と興奮しました(笑)
(どーもくんたちは、製氷の前にも演技を披露していて楽しませてくれました。土曜の昼には、うさじいが転んだ拍子に頭が取れてしまうというハプニングが^_^;)
どーもくん、うさじい、たーちゃん、三人の演技も素晴らしかったし(「Choo Choo TRAIN」で、ちゃんと一列に並んで回ってるし!)、選手たちとハイタッチやハグもしていて、微笑ましかったです。
フィナーレではどーもくんが小塚くんに押されて転んでしまい、みんながすぐに助け起こしに駆け寄ってました。
フィナーレで楽しいといえば、高橋くんとあっこちゃんが、二人並んでステップを踏んでドーナツスピンやってましたね。マンボのかな。

わりとアップテンポの曲の選手が多かったので、手拍子がたくさんで会場も沸いてましたし、すごく温かい雰囲気のエキシビションだなぁと思いました。

真駒内のアイスアリーナは初めて行きましたが、段差もしっかりあって見やすくてとても良かったです。(私は二日間ショートサイドでした)
札幌でNHK杯をやってくれて嬉しかったです。天気もそんなに寒くなく、穏やかな秋晴れで恵まれていました。
札幌に行ったのは久しぶりだったのですが、とても楽しかったです。

来年のNHK杯は宮城! 羽生くんは出場するかな? とにかく絶対行く!!と思いました。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
11月の風景HOME中国杯EX + 報ステ

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。