FC2ブログ

猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ GPファイナル EX ]
2011-12-14(Wed) 22:42:23
先日行われたGPFのエキシビション、羽生くんの「Somebody to love」は、けっこうな盛り上がりだったようで何よりです。
ジャスティン・ビーバーはカナダの歌手ということもあり、ケベックのお客さんも喜んでくれたようですね。
テレビで観ていても、キャーーー!!!という歓声が凄かったですね。
ショートの練習時には、歓声に圧倒されてリズムを崩してしまったようですが、フリーでは演技のあと、たくさんの拍手とスタオベをもらったし、エキシビでもこんなにキャーキャー言ってもらえて、良かったよね!

ファイナルの「Somebody to love」は、これまで上に着ていたパーカーが無くて、Tシャツにジーンズでしたが、軽快でいいんじゃないでしょうか。
最初のダンスからメリハリのきいた感じで、惹きつけますね。

フィナーレでは、♪マッチョ、マッチョ、マッチョメ~ン♪の曲の流れる中、両腕で軽くマッチョのポーズ(?)をやったのが可笑しかったです。(しかし、全然マッチョじゃないよ、羽生くん)
そのあと、ハイドロをやって、軽々と3Aを跳んで。

テレビ流れたEXの演技後のインタビューで、「ファイナルに来られて良かったですよね?」という問いに、「もちろんですね。来年も来たいと思います」と答えていましたが、その「もちろんですね」の迷いのない即答っぷりに、よし、来年も行ってくれ!と思ってしまいました。

***


昨日の夜のNHKのニュースで、帰国後のインタビューの様子が流れ、全日本に向けて、「ファイナルに出た自信っていうものは、絶対、自分の中で誇りに思っていいと思っているので、それを忘れずに、でも過信とせずに本番に臨みたいなと思っています」と言っていましたね。

あと、サンスポの記事では、(こちら→ 
「ジャンプだけでなく、演技の力もつけたい」
「こういう連戦のためにアイスショーの公演を何回も続けてきた」
「ファイナルではいい経験をし、勉強になった」
…といったような言葉がありました。

ファイナルで得たことを糧にして、全日本で良い演技ができるといいな!と思っています。
フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアーHOMEGPファイナル

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。