猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 「銀色の絆」雫井脩介 ]
2012-03-06(Tue) 22:33:13
銀色の絆

「銀色の絆」 雫井 脩介 (PHP)

ものすごく久しぶりに本の話題です。
フィギュアスケートを題材にした小説を読みました。

離婚をして、娘の小織を連れて名古屋に引っ越した梨津子。フィギュアスケートをやっていた小織は、名古屋のクラブで才能を見出され、ベテラン名コーチに付くことになる。
最初は娘の練習内容にあまり興味のなかった梨津子だが、コーチに感化を受け、だんだんと娘を支えることに生きがいを感じはじめ、娘のために全てを懸けるようになっていく。

…というようストーリーですが、この物語は、大学生になった小織が友人に、自分がかつてフィギュアスケートをやっていたという過去を語る形で始まります。
小織がフィギュアで大成功したわけではないことが、最初から匂わされているのです。
フィギュア少女が栄光をつかむ物語ではなく、娘のために頑張るお母さんの物語なのでした。フィギュア界を舞台に、母と娘の絆が描かれています。

名古屋に来る前は、娘が何のジャンプを跳んでいるのかもよくわからず、練習中は、他のスケートママと一緒に外でお茶を飲んでいた梨津子でしたが、名古屋で名コーチに付いてからは、リンクサイドで練習に立会うようになり、だんだんと変わっていきます。

このコーチの所では、お母さんたちが先生のために毎日交代でお弁当を作ったり、お茶やおやつの用意をしたり、更には母親が先生の話を聞く時は、ベンチに正座して聞かなければならいなど、え?と思うような習慣があるのですが、それも凄い世界だなぁと思いました。

小織は才能はあるかもしれないけれど(四回転ができるし!)、絶対勝ちたい!とかそういう強い気持ちがなさそうな感じの子です。
しかしお母さんのやる気は凄いです。オリンピックを視野に入れています。
離婚して、働いていなくて、養育費も途切れがちになって、資金はギリギリなのに、プログラムを海外の有名振付師に依頼しようと思ったり、まだ成績を上げてないのにシニアに行かせたいと言いだしたり、ちょっと冷静に考えたほうが…と思ってしまいました。
フィギュアは親のサポートがないと続けていけない競技だと思いますが、小織のために全てをかける梨津子の熱意には、ひとかたならぬものを感じます。

小織もだんだんと成績を伸ばしていき、読んでいるほうもちょっと期待してしまうのですが、この話の主題は別のところにあるので、試合展開としては、なんだか不完全燃焼な感じでした。
でもフィギュア好きとしては全体的に面白く読めました。

この本を読んで一番驚いたことは…、
以下、少しネタバレ気味なので、「続きを読む」で…




この小説には、トリプルアクセルが得意な希和という天才少女が登場するのですが、彼女の母親がGPFの直前に亡くなり、ファイナルを欠場するという出来事が描かれています。
この本が発売されたのは2011年11月です。まるで未来を予見するようなことが書かれていてびっくりしました。

希和と小織のお母さんとの交流も印象深かったです。
そして、希和の想いがこめられた「亡き女王のためのパヴァーヌ」の演技を観てみたいと思いました。



| TB:× | CM : 0
復興演技会HOME冬はいつまで

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。