猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 遊佐未森 concert tour ≪Duo style≫  仙台 ]
2012-06-01(Fri) 02:02:24
5月26日(土)、遊佐未森さんのライブのために仙台に行ってきました。
ボーカル&ピアノの未森さんと、ギターの今堀恒雄さんと二人で各地をまわる≪Duo style≫のツアーです。
場所は常盤木学園高校のシュトラウスホール。高校にコンサートホールがあるなんて凄いですね。音楽科のある学校なのです。
そして、常盤木学園は未森さんの母校。
母校でコンサートをやるなんてスペシャルなことだと思います。これは行かなければ!と思ったのでした。

「道標」「通り雨」と、落ち着いた感じの始まりでした。
「Poetry Days」は、未森さんが黒い串だんごのようなパーカッションの楽器を持って歌いました。
ギターの音色もぽわんぽわんした感じで、懐かしいような気持ちになりました。
しかし、串だんごが気になります。これは、未森さんがお友達からもらったアイルランド土産の楽器だそうです。

仙台でのライブということで、クリスロードのテーマソング「いつも同じ瞳」をやりました。
このあたりから仙台的なくくりの曲が続きます。
「僕の森」は、いつもより深みのある歌声で、広がりがあるような気がしました。
天文台でのライブから生まれた「銀河に恋するプラネタリウム」、かわいらしいです。
故郷への想いがこめられた「欅~光の射す道で」、この曲を仙台で聴きたいと思っていたのでした。

「花と夢」は、ライブで初めて聴いたのですが、ロックっぽい感じでカッコよかったですね。今堀さんのギターが素敵で。とても良かったです。
そして、この曲を聴くと、花も夢も大事なものだなって改めて思います。

最近のライブでよく聴く沖縄民謡の「安里屋ユンタ」がとても好きです。
聴いていると本当に心が安らぐ。未森さんの歌声も、とても優しく、懐かしい記憶を誘うような感じなのです。

懐かしいといえば、「暮れてゆく空は」が聴けてよかったです。

アンコールは、「風の自転車」(この曲は力強さがあって好きです)を歌った後、ステージに常盤木学園の音楽科の生徒さん達が全員集合。
未森さんも学生時代に教わったという先生の指揮のもと、NHKの合唱コンクールの今年の課題曲「希望のひかり」を一緒に歌いました。
「希望のひかり」は未森さんが作詞をした曲です。小学生の部の課題曲ですが、今回は、特別に混声四部に編曲して高校生バージョンで歌いました。
未森さんは高校生の女の子たちのソプラノのパートにまじって歌っていました。
みんな心をこめて歌っているのが伝わってきて、聴いていて、合唱っていいなぁって思いましたね。

そして、最後の最後にアンコールで「ふるさと」を、会場のみんなも一緒になって歌いました。
こういうのに私は弱い。
なんだか胸一杯になってしまって、口を大きく開いたら涙がこぼれそうで、あまり歌えませんでした。

あたたかい雰囲気の素敵なライブでした。


***


20120531-1


私が今回、仙台のライブに行ったのは、さっきも書きましたが、未森さんの母校が会場だったということと、「欅~光の射す道で」を、仙台で聴いてみたいと思ったからなのです。ちょうど青葉の綺麗な季節だし。

木は長い間ずっとそこに立っていて、その場所を見守り続けてる、というのは私も共感できることでした。


20120531-3

「君と歩いた 青葉通り ケヤキだけそのまま
 大きくなって この街を守る 手を広げ

 明日の空に 歌うよ
 希望をのせて 歌うよ
 光の射す道で」


20120531-4

「いつか 私も 青くそよぐ ケヤキの 木のように」
 誰かのために しなやかな歌を 届けたい」

という、未森さんの想いが、この曲を聴いていると、すごく伝わってくる感じです。
そして、しなやかなその歌声はちゃんと届いてるよ、って思うのでした。



20120531-5

おまけ。
ライブ会場の物販コーナーにあった黒板。
五線譜の黒板なところがさすが音楽科。


音楽 | TB:× | CM : 0
遊佐未森 ≪Duo style≫  札幌時計台HOME仙台でスケート

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。