猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 遊佐未森 ≪Duo style≫  札幌時計台 ]
2012-06-04(Mon) 00:22:37
20120603-1

先週は仙台でしたが、今週は札幌。
6月2日(土)は、遊佐未森さんのコンサートツアー≪Duo style≫の、札幌公演に行ってきました。
会場は、時計台ホールです。
あの札幌時計台の2階がホールになっています。

写真は夕方で、ちょっと暗くなってしまっていますが、時計台の周りにあるのはライラック。
この季節、ライラックの花が街のあちこちに咲いていて、未森さんもMCでこの花のことに触れていました。

時計台は古い建物なので、独特な空気が流れています。
座席も3人掛けの固い木の椅子がホールに並んでいて、教会のような感じです。

小さいハコで和やかな雰囲気。時計台の未森さんは、リラックスしていて、いつもよりかわいさを感じるような気がしました。
歌声も、伸びがあって素敵でした。

「僕の森」が、すごく想いのこもった感じで力強く歌われていて、引き込まれてしまいました。
「ビルの街にたった一つ ただ一本きりの
 僕の森に逢いに会いにゆくよ」
という歌詞の歌ですが、聴いていたら、周りをビルに囲まれて、ずっと建っている木造の時計台のことに想いを馳せてしまいました。
場所の記憶、とか考えてしまった。

仙台ではやらなかったインストの「アアルトの曲線」をやりましたが、この曲ははクラシカルな建物によく合って調和しているなぁと思いました。

ギターの今堀さんと未森さんの二人での演奏ですが、二人だけでもいろいろな音の広がりがあって、いろんな世界をみせてくれます。
「Poetry days」の時に未森さんが、二人で人力で頑張っています、というようなことを言っていました。
その「人力」という言葉が可笑しくてツボだったのですが。
しかし、二人編成でも、「花と夢」は、やはりクールでカッコ良かったし、「カラフル!」も楽しく盛り上がってました。
あと、未森さんの歌う「安里屋ユンタ」がいいなぁ、と聴くたびにしみじみします。歌声も円い感じで優しくて。

先週の仙台とは同じ部分も違う部分もありましたが、同じ曲をやっていても、それぞれ別の場所で、違った響き方で味わい深いですね。

時計台は静かで穏やかな空気の流れる中、これもまた素敵なライブでした。


20120603-2


セットリスト↓



道標
通り雨
Poetry days
銀河に恋するプラネタリウム
僕の森
欅~光の射す道で~
Snow Rose
アアルトの曲線
安里屋ユンタ
花と夢
いつでも夢を
暮れてゆく空は
カラフル!
桜、君思う

アンコール
風の自転車
I'm here with you


音楽 | TB:× | CM : 0
DOIメモHOME遊佐未森 concert tour ≪Duo style≫  仙台

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。