猫目茶寮

その時々の、好きなことを気まぐれに
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 復興演技会 ]
2012-03-11(Sun) 23:22:16
震災から一年がたちました。
震災関係のテレビ番組も多数放送されていましたが、今日は日テレの「復興テレビ」で、アイスリンク仙台で行われた復興演技会の中継がありました。
リンクに通うどもたちの家族など、関係者だけが招待された演技会です。
テレビでは、リンクで練習する59人の子どもたちと、荒川さん、本田さん、田村さん、そして羽生くんによるグループナンバー「Smile」が放送されました。

荒川さんが「Smile」について、「辛い思いをしたスケーターもいるし、悲しいこともあるけれど、笑顔がそれを乗り越えさせてくれる力になるよ、ということをみんな今日の演技から伝えてくれると思いますし、その想いが演技からたくさんの人に伝わっていくといいなと思います。」と言っていました。

優しく温かい気持ちになるようなプログラム。よい演技でした。
子どもたちの衣装も色とりどりに鮮やかで、花のよう。明るい気持ちになります。
「子どもたち」と言っていますが、大学生も含まれていて、真梨ちゃんも出演していましたね。スパイラルが綺麗でした。

最初は子どもたちだけで滑って、途中から、大きいスケーター4人が加わります。
ガーベラの花を持った4人が登場して、子どもたちに渡しますが、ガーベラの花言葉は「希望」だそうですね。
希望を手渡すんだなぁと思ったら、なんだかじーんとしてしまいます。

本田さんのイーグルと高いバレエジャンプ、田村さんの3T、そして荒川さんと羽生くんのダブルイナバウアーと見せ場が続きます。
2人同時のレイバックイナ、綺麗で素晴らしかったです。

今、これを書いていて、何年か前、このリンクで、まだ子どもだった羽生くんが、オリンピックメダリスト荒川さんの前でイナバウアーを披露していた動画を思い出してしまいました。感慨深いです。

今日演技を見せてくれた子どもたちも、頑張ってずっとスケートを続けていって、素敵な選手になれたらいいですね。
震災のあと、リンクから男子がいなくなってしまったと羽生くんが言っていたことがありましたが、今日は男の子も何人かいましたね。


ニュースを見ると、番組内で放送はありませんでしたが、「白鳥の湖」を滑ったようですね。
あと、番組がフィギュアコーナーになる前に、練習中の映像が少し流れてましたが、ワーッと歓声がわいて、そのあと羽生くんが本田さんや荒川さんと両手でハイタッチしてましたね。
何かジャンプを決めたのかな。笑顔だったのが嬉しかったです。


ニュース記事

時事ドットコム : このリンクで練習中に被災した羽生選手は「1年後のきょう、またこのリンクに立てるとは思わなかった」と声を震わせ、初の世界選手権に向けて「日本人はここまで頑張っているという演技を見せたい」と決意を示した。

産経ニュース : 「最初の半年間は、被災地代表のように扱われるのがすごく嫌だった」と打ち明ける17歳。だが、現在の考え方は正反対だ。「震災の記憶が薄れないでほしい。自分の滑りを見ることで、被災地のことを思い出してもらいたい」と震災を風化させることなく、支援の目が向き続けることを切に願う。
 「最初は(被災者を)勇気づけようというのではなく、好きでやっていたけど、今はそれ以外の意味を持ち始めている」。臨む世界選手権の舞台には、被災地への思いも胸に立つ。


この一年、いろいろな葛藤があったと思います。
あまり重いものを背負わなくてもいいんだよ、とも思います。
世界選手権で、今シーズン集大成の演技ができるといいなと願っています。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 「銀色の絆」雫井脩介 ]
2012-03-06(Tue) 22:33:13
銀色の絆

「銀色の絆」 雫井 脩介 (PHP)

ものすごく久しぶりに本の話題です。
フィギュアスケートを題材にした小説を読みました。

離婚をして、娘の小織を連れて名古屋に引っ越した梨津子。フィギュアスケートをやっていた小織は、名古屋のクラブで才能を見出され、ベテラン名コーチに付くことになる。
最初は娘の練習内容にあまり興味のなかった梨津子だが、コーチに感化を受け、だんだんと娘を支えることに生きがいを感じはじめ、娘のために全てを懸けるようになっていく。

…というようストーリーですが、この物語は、大学生になった小織が友人に、自分がかつてフィギュアスケートをやっていたという過去を語る形で始まります。
小織がフィギュアで大成功したわけではないことが、最初から匂わされているのです。
フィギュア少女が栄光をつかむ物語ではなく、娘のために頑張るお母さんの物語なのでした。フィギュア界を舞台に、母と娘の絆が描かれています。

名古屋に来る前は、娘が何のジャンプを跳んでいるのかもよくわからず、練習中は、他のスケートママと一緒に外でお茶を飲んでいた梨津子でしたが、名古屋で名コーチに付いてからは、リンクサイドで練習に立会うようになり、だんだんと変わっていきます。

このコーチの所では、お母さんたちが先生のために毎日交代でお弁当を作ったり、お茶やおやつの用意をしたり、更には母親が先生の話を聞く時は、ベンチに正座して聞かなければならいなど、え?と思うような習慣があるのですが、それも凄い世界だなぁと思いました。

小織は才能はあるかもしれないけれど(四回転ができるし!)、絶対勝ちたい!とかそういう強い気持ちがなさそうな感じの子です。
しかしお母さんのやる気は凄いです。オリンピックを視野に入れています。
離婚して、働いていなくて、養育費も途切れがちになって、資金はギリギリなのに、プログラムを海外の有名振付師に依頼しようと思ったり、まだ成績を上げてないのにシニアに行かせたいと言いだしたり、ちょっと冷静に考えたほうが…と思ってしまいました。
フィギュアは親のサポートがないと続けていけない競技だと思いますが、小織のために全てをかける梨津子の熱意には、ひとかたならぬものを感じます。

小織もだんだんと成績を伸ばしていき、読んでいるほうもちょっと期待してしまうのですが、この話の主題は別のところにあるので、試合展開としては、なんだか不完全燃焼な感じでした。
でもフィギュア好きとしては全体的に面白く読めました。

この本を読んで一番驚いたことは…、
以下、少しネタバレ気味なので、「続きを読む」で…


 More...
| TB:× | CM : 0
  [ 冬はいつまで ]
2012-02-29(Wed) 21:37:01
20120229-1

今年の冬は雪深いです。
もう嫌になるくらいドカドカ降りますね。
道にも屋根にも片付けきれないくらいたくさんの雪がつもっています。


20120229-2

屋根の雪が、ガバーッと下がってきました。
なんだか、洞窟の中から外を見ているような気分になります。



20120229-4

これは細長く尖っていて、ちょっと悪魔の指先みたい。
悪魔じゃなくて、冬将軍ですかね。


20120229-5

でも、空が晴れていると、なんだかのどかで、くらげが漂っているようにも見えます。
何かの飾りのようでもありますね。



20120229-7

冬の景色は色彩に乏しいです。どこもかしこも白ばっかり。
でも、家の中では花が咲いていて、そこだけ少し明るい感じです。
室内とはいえ、こんな冬によく咲いたなぁ。


20120229-8

鮮やかな色が嬉しいです。
やっぱり華やか。

明日から三月。だんだんと春が近づいてきています。

日々のこと | TB:× | CM : 4
  [ 再び滑ってみる ]
2012-02-25(Sat) 23:35:23
20120225-1

今日はちょっと遠いのですが、お友達と待ち合わせて青森のスケートリンクに行ってきました。
スケート経験者の友人と一緒なので、先週よりはかなり心強いです(笑)
ここもリンクの外周にトラックがある形でした。

先週、少しだけ滑れたような気になっていましたが(ただ前に進めるというだけ)、やはり氷の上に乗ると、初めは不安定でよろよろしてしまいます。
リンクに行ってしばらくしたら、誰でも無料で参加できる初心者対象の講習会を行うというので、参加してみました。
30分くらいのレッスンです。ベテランっぽいインストラクターさんが、親しみやすい雰囲気で教えてくれました。
基礎の基礎を少しでも教えてくれる人がいたらいいなと思っていたので、ちょうどよかったです。

そのあとは、友人とリンクをゆっくりぐるぐる何周も回って滑ってきました。
三時間くらいリンクにいたのですが、距離にしたらけっこう滑ったかも?
滑ってる間は、どんどん行けそうな気がするのですが、普段運動をしていないので、あとから疲れがドッと出そうな予感もします。


***


20120225-2

このリンクでは2003年に冬季アジア大会が開催されたそうです。PIWも行われたことがあるんですね。
出場スケーターのサインが飾られていました。
(画像クリックで少し拡大します)


20120225-3

女子


20120225-4

男子


サインを目にして、余談ですが、中野さんといえば、来月の新横浜のショーに出演するんですよね。そのニュースがこの一週間で一番驚いたことでした!
観たいけれどチケットも無いし、今後、他のショーにも出てくれたらとっても嬉しいのになぁ。



***


20120225-5  



   

    
20120225-6


運動のあとのランチ。
写真はデザートだけですが、ランチセットでご飯はドリアでした。


プチ旅行気分なので、駅前でお土産もいろいろ買いました。
やっぱり、りんご系が充実していますよね。りんごのお菓子とシードルを購入。
あと、チーズのかかった南部せんべいが美味しいです。

そんなこんなでとても楽しい青森でした。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ 滑ってみよう ]
2012-02-18(Sat) 23:17:18
パソコンをなかなか立ち上げられず、ブログを一ヶ月近く放置していました。
この一ヶ月の私の出来事は、仕事のほかは、ユーロと全米をテレビ観戦して録画整理、四大陸をテレビ観戦して録画整理、しかし整理し終えることができず今に至る…でしょうか^^;

ここ数年で、自分でもスケートを滑ってみたい!という思いが強くなってきていたのですが、近くにリンクがないのでなかなか実行できず。
そばにリンクがあるかどうかっていうのは大事なことだと思います。
スキー場ならあるんですけどね。ちなみに小学校の時には、スキーの授業がありました。

しかし、近くはありませんが、あまり無理せず行ける範囲内で、冬の三カ月間だけ屋外にスケートリンクができる所があって、以前から気になっていたのですが、今回、意を決してやっと行ってきました。
人生初のスケートです。


20121218-1

何しろ初めてスケート靴を履くものですから、陸の上を歩くのもよろよろしてしまいます。
ロッカーに荷物を預けて、いざ、リンクへ。
このリンクは夏季は競輪場なのですが、普通の楕円のリンクの外周に、トラックの部分があります。
で、スケート靴を履いて、外に出て、中央の手摺のあるリンクに行くには、トラック部分を横切らなくてはならないのです。
初心者で一刻も早く手摺のそばに行きたいのに、まずは何もない氷の上を渡らなくてはならないなんて!

一歩、氷の上に踏み出したとたんに転んだ私。
このトラックゾーンが目の前に無情に流れる大河のように感じましたね。
どう足を運んでいいかわからず、立ちつくして、誰か私を対岸に連れて行ってーー(泣)と思いましたが、一人で強く生きていかねばならないのです。
恐る恐る、ゆっくりと時間をかけて渡りました。


20121218-2

しばらくは手摺が私の友達でした。
リンクの片隅が初心者ゾーンになっていたので、最初のうちはそこを行ったり来たり。(近くにいたのは小学生と幼児ばかりでしたが…)


20121218-3

手摺のそばを滑っているうちに、だんだんと慣れてきたので、初心者ゾーンを抜けて、リンクをぐるっと回ってみます。(やはり手摺に沿ってですが)


20121218-4

更に慣れてきて、これは大丈夫かも…? と思ったので、今度は、手摺のない外周のトラックの部分に出てみました。
来たときに、大河のように見えたこの場所も、今なら一人で進めるかも!?
とりあえず、前に進むだけなら進めるようになったので、かなりあやしく不安定な姿勢だったと思いますが、ぐるぐる周回してみました。
人間、やればなんとかなるもんです。

ただゆっくり前へ前へと進んでいるだけでしたが、滑るのは楽しかったです。
屋外リンクなので、天候に左右されると思いますが、今日は風も無く、雪も降らず、とても恵まれた天気でした。
気温がガッツリ氷点下なので、寒さは覚悟していたけれど、今日は滑っていて寒さは感じませんでした。
また来たいと思いましたが、営業が二月いっぱいで終わってしまうのが残念なところです。


***


20121218-5

滑った後は、ちょっと歩いてカフェへ。


20121218-6

キッシュとパンのランチ。


20121218-7

デザートはショコラのムース(アイスっぽい)、おまけで新作のクッキー。

充実の一日でした。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 4
  [ 「淡雪」遊佐未森 ]
2012-01-20(Fri) 23:34:47
淡雪


遊佐未森さんのニューアルバム「淡雪」を聴いています。
淡い光や、静かな希望を感じる優しいアルバムです。
聴いていて、早春の、雪解けの頃の、柔らかな日差しを思い出しました。

初めてアルバムを聴いたとき、一曲目の「欅~光りの射す道で~」で自然と涙が出てきてしまいました。
故郷、仙台のことを歌った曲。
 「明日の空に 歌うよ
  希望をのせて 歌うよ
  光の射す道で」
という歌詞が象徴するように、希望が込められた一枚だと思います。

壇れいさんとのデュエットで、「いつでも夢を」を歌っていますが、なんとなく知っていたこの曲が、こんなに素敵な歌だったとは!(今まで気づかずにすみません)
そして、ああ、「あの娘はいつも歌ってる」んだな、と思いました。未森さん、いつも歌ってるんだなって。
 
他にも、かわいさや、お伽噺のような不思議っぽさや、弾ける元気な一面もあるアルバムです。
ラストの「風の自転車」は、ペダルをこいでいく強さを感じ、風と一緒に開けていく景色が見えてくるようで、良い締めくくりでした。

それはそうと、このアルバムのジャケットのデザイン、かわいくてすごく好きです。

「CDジャーナル」のインタビュー → 
音楽 | TB:× | CM : 4
  [ SOI東京メモ2 ]
2012-01-17(Tue) 23:31:03
遅くなりましたが、「スターズ・オン・アイス」東京公演のちょっとした感想を。

二日目、15日(日)の羽生くんは、SP「悲愴」でした。
バトルが羽生くんの紹介アナウンスをしてくれたのですが、結構カミカミで(英語なので詳細はよくわからず^^;)、最後の「 Ladies and gentlemen」も噛んでしまって、場内の笑いを誘っていました。

ショートなので、最初の四回転はどうなるの!?と期待を込めて見守ってしまうわけですが、4T成功!
ここで、わーっ!と思いますが、更にセカンドで3Tも付けました! 4T-3T来ましたね!!
ジャンプは、3A、3Lzも決めて、ノーミスで、演技終了後にガッツポーズも出ました。
スピンも綺麗でした。
演技を観ていて、シャープで速くて、軽やかで美しい、というような印象を受けました。良かったです。
次の試合でも4T-3Tが決まればいいなと、本当にそう思います。

フィナーレは、みなさん赤の衣装で登場です。
赤の羽生くんは、少し体型がガッシリしたように見えました。
出演者が横一列に並んで、ラインダンスのように、片足を上げていったりしていました。

ショーがすべて終わってしばらくしたあと、スケーターのみなさんが再びリンクに出てきて記念撮影をしていました。(私は角度的に後ろ姿しか見えず)
撮影が終わって、最後の最後に、ブラッドリーがバックフリップをしてくれました。(自分の演技中に1回、フィナーレでも2回くらいやっていたので、本日4回目?)
バックフリップを終えて、選手出入り口のほうに戻ってきたブラッドリーを、羽生くんは片膝をついて、両腕を前に上げて、手をヒラヒラさせて出迎えてました。


***

二日間観ましたが、土曜と日曜で違うプログラムを披露してくれたスケーターが多くて、違った魅力も味わえたので、2回観て良かったと思いました。
(グループナンバー以外で同じプロだったのは、コーエン、エルドリッジ、高橋くん、真央ちゃん)

記憶がすでに怪しくなってきていますが、印象に残っていることをいくつか簡単に書きます。

オープニングは、カート、トッド、ライアンの3人がスケート靴にマイクを付けて、エッジの音でタップダンスをするという始まりでした。面白かったです。

荒川さんがトップバッター。土曜は素晴らしい「トゥーランドット」にため息。日曜はカート振付の「Smile」で、バラの花を一輪持って登場。リンクに残っていたカートに花を渡すという演出あり。すべて美しいけれど、最後のイーグルも美しい。

佳菜子ちゃん  土曜「Amarti Si」 伸び伸びと大きな動きの演技で観ていて気持ち良かった。3連続ジャンプも決まった! 日曜はちょっと大人になった「ジャンピングジャック」 ジャンプに乱れが多かったけれど、元気な演技。 

コーエン  銀色のギラギラ衣装でセクシープロ。胸元がどうしても気になる。さすがの柔軟性で、前後開脚でフィニッシュ。
次の演技のカート&小塚くんと入れ替わる時、小塚くんがコーエンの胸に視線釘づけで、カートが後ろから見ちゃダメと目隠しをするというパフォーマンスあり。

カートと小塚くんのコラボ 「Snake Eyes」
テレビで何度か、2人がこのコラボを練習している映像を目にしていて、小塚くんは仔犬のように嬉しそうだなぁと思っていました。
巧みなカートと、瑞々しい感じの小塚くん、良かったです。父と息子のようでした。
最初は小塚くんが一人でジャンプを跳んで、カートは「俺はできないよ」というように腰をさすっていて、でも最後には、2人で綺麗に揃った2Aを跳んでいて、おお!でした。

エルドリッジ  テーブルと椅子を用意して、ウエイターに扮したエルドリッジが、お客さんのカップル(イナ&ジマーマン)に慌ただしくお茶を淹れたり、料理を出したり…。急須から派手に水をこぼしながら滑ったり、定食のお盆を両手に持って動きまわったり、楽しませてくれました。スピンも独特。
ティーポットじゃなくて、しっかり急須で、料理も和定食なところにちょっと笑いました。

安藤さん  土曜「千の風になって」 日曜「ミッション」 どちらも心洗われるような演技。
安藤さんは今回、レギュラーメンバーで、オープニングやフィナーレでもリフトされたりして大活躍でした。

2部の最初は、サーシャ、カート、トッドの3人が出演するピエロのグループナンバー。風船やカイトといった小道具を使っているところも楽しかったです。

高橋&トラン  土曜は以前のEX(また観れるとは思ってなかった!)、日曜は新しいEX。元気な成美ちゃんでした。
演技の後、安藤さんから、今日は成美ちゃんの20歳の誕生日だという紹介があって、花束を渡して、会場のみんなで「ハッピーバースデー」を歌いました。成美ちゃんの「20歳の抱負は…、大人になります!!」宣言には会場から笑いと拍手でした。

バトル  土曜は、照明が明滅する中、カッコよくダンスする「Harder Better Faster Stronger」 日曜は「エニグマ」で美しく。イーグルやスピンも見とれる感じでした。

パン&トン  土曜の「シェヘラザード」がとても素敵で良かったのです。スロージャンプもリフトも決まって、ペア!って感じでした。日曜は「愛の夢」で、2人の愛の世界に連れて行ってもらいました。

小塚くん  土曜は「Hello,goodbye」 好きなプロです。日曜は「チェロソングス」、このロングイーグルはどの角度から見るのが一番見応えあるんでしょうね。私はいつも裏側からばかり。二日間観て、小塚くんの滑りが清々しい感じでいいなと思いました。

カート  土曜は「I'm yours」 ジャケットなど、重ね着しているものをどんどん脱いでいって、服には必ず「I'm yours」と書いてあるという。このプロはお茶目でハートウォーミングな感じで好きです。 日曜は「Feeling Good」で、大人の色気があって凄く格好良かった。そして、スケーティングが素晴らしくて目を見張ってしまいます。

高橋くん  久しぶりの進化した「ロクサーヌ」 会場は熱狂しましたね。アリーナ席でアピールを間近で観たら凄いでしょうね。(私はスタンド席で遠くから観てました) 魅せるステップだし、最後のスピンも綺麗だと思いました。

真央ちゃん  「ジュピター」 凛とした強さを感じる、流れるように美しい演技でした。土曜は3F-3Loも決まりましたね! 日曜は、3Fがオーバーターンになってしまったのですが、そのあと、3回転を付けてました。

***

今年のSOIは、カートがプロデュースで、テーマは「Love n Life」とのことでした。
パンフレットの最後には、出演スケーターからカートへのメッセージが寄せられていて、「カート・オン・アイス」みたいですね(笑)
羽生くんのメッセージに「頭を触らせていただいてありがとうございます(笑)」と書いてあったのがウケました。
そのおかげで、パワーをもらって、ファイナルに出場することができたそうで。(カートのお陰だったんですか^^;)
「これからもLuckをください!!お願いします」とありましたが、もらえるといいね。


フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ SOI東京メモ1 ]
2012-01-14(Sat) 23:57:45
新年早々、ブログを放置しまくりでした。
先週から名古屋、大阪とアイスショーが続いていますが、私は今日やっと新年初フィギュアでした。
スターズオンアイス東京公演を観にきています。

羽生くんは二番目に登場。今日は「somebody to love」でした。
このプロは生で観たことがなかったので、観れてよかったです。
衣装はいつものTシャツにジーンズで、スピンをすると派手に腹チラしてしまっています。
ジャンプは、3A 3F 3Lo でしょうか。
若々しく爽やかに弾ける感じで、アップテンポの曲ということもあり、お客さんの手拍子も多かったです。
明日は何を滑ってくれるのか楽しみです。


他にも、トップバッターの荒川さんが最初から「トゥーランドット」でお客さんの心をガッチリ掴んで魅了したとか、カートと小塚くんの競演が良かったとか、カートの足元が素晴らしいとか、ブラッドリーのバックフリップが豪快だった、パントンの「シェヘラザード」が素敵だった、高橋くんの進化した「ロクサーヌ」がすごかった、まおちゃんが3Fー3Loを決めた!とか、いろいろいろいろ思うことはあったのですが、今日はひとまずこのへんで。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 0
  [ あけましておめでとう ]
2012-01-01(Sun) 16:32:35
20120101-1

2012年、あけましておめでとうございます。
昨年お世話になった皆さま、いつもこのブログにいらしてくださっている皆さま、ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。


年が明けてから一年を振り返るのも何ですが、去年はよく遠征した一年でした。
4月以降は、毎月、宿泊を伴うお出かけがありました。
羽生くんがアイスショーに60公演出演したとのことですが、私が行ったのは、そのうち20公演。
結構行ったような気がしたけれど、3分の1なので、まだまだですね。
でも、私にしては頑張ったんじゃないかな。(なんといっても交通費と移動時間がね…)
一か月の間に、福岡、東京、名古屋に行った時は、私も相当いかれていると思いました(笑)
2012年はどうなるかわかりませんが、節約を心がけつつ、行けるところには行きたいです。
今度の週末は、残念ながら、おとなしくしていますけれど。


今日は初詣に行ってきました。
おみくじは「吉」でした。
「ようやく冬が去って、春の暖かさと明るさが出てくる運気です。これから徐々に明るい展望が開けてくるでしょう。」
良いじゃないですか!
明るい気持ちでいきたいです。


写真は、今日の写真ではないのですが、元旦なので、日の出の写真をアップしてみました。
ついでに、タイミングを逃してアップできずにいた青森の海の写真も載せておきます。
冬の晴れた日で、海が静かに凪いでいて、とても綺麗だったので。
穏やかな気持ちの新年です。

20120101-2
日々のこと | TB:× | CM : 6
  [ 全日本メモ3 ]
2011-12-26(Mon) 23:18:59
全日本は昨日の女子フリーと代表発表を見て、今日の午後に大阪から帰ってきました。
MOIも観たかったですけれど、年末にそんなに仕事を休めないので、帰ってきてからテレビで観てました。

羽生くんは「白鳥の湖」でしたね。
今年最後の演技がこの曲なのは、いろんな想いが込められているのかな。
熱演でした。苦しい中で、白鳥が生き抜こうとする強い意思が伝わってくるようでした。
ラストの振付も少し違っていましたね。
違うといえば、生演奏だったので、音がいつもと違う響きで、ちょっと気になりました。

3位だったので、アンコールもありましたね。
ロミオの怒涛の気迫ステップ! 凄まじい勢いを感じました。
そして、意地でもサルコウを跳んでやるっていうリベンジが(笑)

キスクラ席でのインタビューコーナーで、ボードに書いた言葉、「最後までやってやる!」の話になりましたが、もう最後までやっちゃって!
最後までやってくれるのを楽しみに待ってます。


***

昨日の代表発表は、羽生くんは名前を呼ばれたら走って出てきて、両腕を広げてゆっくりくるくる回ったり。
挨拶の言葉は、語尾など正確なところは不確かですが、私の記憶の限りでは、こんな感じでした。(間違っていたらすみません)

「ありがとうございます。
 おかげさまで念願の出場ができることになりました。
 トリプルサルコウという難関なジャンプに苦しんでいますが(笑)
 世界選手権では、気を抜かないで、
 ロミオが死なないで、…ロミオじゃない、ジュリエットが死なないで、
 2人でハッピーエンドになる…なっちゃダメか。
 最後まで気を抜かないように、ノーミスできるように頑張ります。」

ロミオとジュリエットのあたり、何を言っているのかわからないよ、羽生くん(笑)
会場も笑いに包まれてました。
もう最後まで突っ走って、ハッピーエンドでもいいよ。
とりあえず羽生くんのロミオは死なないと思います。

フィギュアスケート | TB:× | CM : 4

copyright © 2017 猫目茶寮. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。